おすすめ記事

おすすめ業者
『みんなの遺品整理』口コミ検証。はじめての遺品整理はどの業者へ依頼すべき?
日本全国602社以上の優良遺品整理業者が検索できる『みんなの遺品整理』。各業者の口コミが豊富なため...続きを見る
おすすめ業者
ココロセイリの口コミ・評判【遺品高価買取】の実績はトップクラス
ココロセイリに決めた理由は「安さ」と「スタッフの人柄の良さ」です。遺品査定士の資格取得している経験あるスタッフが対応してくれるので安心してご相談...続きを見る
おすすめ業者
『くらしのマーケット』で遺品整理を頼んでみた。良い業者の見分け方と注意点
くらしのマーケットを使うべきか迷う人 遺品整理を業者に依頼したくて、くらしのマーケットを見たけれど、業者の数...続きを見る
コラム
ファイナンシャルアカデミーの定年後設計スクール「無料セミナー」で何が学べるのか【検証】
無料セミナーに参加した51歳の私 「老後の生活を不安がっていても仕方がない、行動に移そう」そう思って定年後設...続きを見る
遺品整理助け隊とは?

一生に1回または数回しか経験しない遺品整理。遺品整理はほとんどの方にとって初めての経験のため不安になって当然です。

遺品整理助け隊では優良事業者を紹介するとともに、遺品整理・特殊清掃・生前整理に関する疑問や心配を解消するため、定期的にコンテンツを配信します。

おススメ はじめての遺品整理はどの業者へ依頼すべき?優良事業者を3社厳選しました
参  考 遺品整理はぼったくりが当たり前?見積もり18万円なのに25万円請求された

新着記事

コラム

オゾンは効果あり?コロナウイルス殺菌・消毒依頼が急増【特殊清掃業者3選】

除菌消毒を依頼したい人 オゾン発生器ってコロナウイルスに効果あるの?インフルエンザやノロウイルスには効果があ...
コラム

不動産の相続準備。生前に親のためにできる事と、亡くなった後の手続きまとめ

不動産の相続に備えたい人 早い内に父親を亡くして、年老いた母親が現在実家に住んでいる。今後、母親が亡くなった...
コラム

【苦労】親戚を代表し遺品整理。扱いに困る故人の財産と死後手続きの費用

親戚から遺品整理を任されてしまった人 お金のやり取りが面倒だな。通帳はどのように扱えば良いの?あと、家族が亡...
コラム

親から相続した物件が空き家に。不動産を負動産にしないためには?

相続した物件が空き家で困る人 私には親が亡くなり親から相続した物件がある。しかしながら、どうすれば良いかわか...
コラム

ぼったくり?孤独死した父の遺品整理【失敗談】予備知識なく追加料金を支払う

遺品整理の料金設定に疑心暗鬼な人 家族が亡くなって遺品整理をしなければならないけど、初めてのことだし、遺品整...
コラム

50代はがん保険を適切に見直し、老後資金を確保するべき

老後資金が心配で保険を見直したい人 50代になってライフスタイルが変化し、いよいよ老後資金が心配になってきた...
コラム

50代で始める老前整理と断捨離!スッキリ身軽に老後を迎えよう

50代で老前整理を始めようとする人 親が亡くなったとき、葬儀や相続手続きよりも遺品整理が1番大変だった。自分...
コラム

親と揉めずに生前整理を進めるには?子供として押さえておきたいポイントを紹介

生前整理で親と揉めたくない人 親のためにも生前整理をしたいけど、親に言ったら揉めそうで言えない・・どうしたら...
コラム

【実践】50代からでも遅くない老後資金のためのiDeCo活用法とは?

50代からiDeCoに加入しても良いか迷う人 最近、iDeCoって話題になっているけど50代の私でもiDeC...
コラム

50代からでも間に合う!老後のお金の貯め方と増やし方

50代で貯金が出来ず悩む人 50代になり夫婦・友人との話題は、老後生活や年金の話が増えてきた。いまは毎年の誕...
コラム

50代は生命保険の切り替え時期。死亡保障を見直し老後資金を蓄えよう

生命保険の切り替えで悩む人 50代になって子供もそろそろ独立。万が一のリスクを考えて家計のために死亡保険をか...
コラム

ファイナンシャルアカデミーの定年後設計スクール「無料セミナー」で何が学べるのか【検証】

無料セミナーに参加した51歳の私 「老後の生活を不安がっていても仕方がない、行動に移そう」そう思って定年後設...
コラム

終活に備えての生命保険活用!終身保険の具体的活用法とは?

終身保険の活用で悩む人 自身の死後に残された家族に迷惑をかけないようにしたい、家族に公平に財産を残してあげた...
コラム

貯蓄と保険では「保険」が重要な理由。もしもの時に備えるべき

将来の資産運用で悩む人 現在子どもが2人いて、長男がこれから大学進学をする。これから将来に向けてお金の管理を...
コラム

「住まいの終活」を行う上で重要なポイントは?亡くなった後の選択肢をチェック

将来、所有する家や土地をどうすべきか迷う人 所有する土地や建物を始めとし、マンションやアパート等の不動産をど...
はじめて遺品整理 ~8つの心得~
  1. 故人との思い出、遺品を大切に想うべし
  2. 相見積もりは5社以上すべし
  3. 電話連絡でスタッフの対応を見極めるべし
  4. 下見による訪問見積もりを依頼すべし
  5. 遺品整理士の有資格スタッフ数を確認すべし
  6. 協会から「優良事業所認定」されているか確認すべし
  7. 料金や重要事項はメールでエビデンスを残すべし
  8. 一般廃棄物収集運搬許可証、古物商許可証の資格有無を確認すべし
業者選びは大切。悪質な業者に掴まされないよう注意しましょう!
はじめて遺品整理 ~8つの心得~

遺品整理とは?

遺品整理とは?

遺品整理とは不用品を処分することではない

遺遺品整理とは故人を想い、部屋を綺麗に掃除し原状回復することを言います。決して不用になったモノをゴミ扱いし処分することではありません。

仏壇や神具、思い出が詰まったアルバム写真や手紙、装飾品など遺品の例を挙げればキリがありませんが、遺品は粗末に扱ってはならず、神社やお寺で供養してから処分したり、遺族で形見分けをしたりする必要があります。

遺品整理は亡くなった方の気持ちを思いやるだけではなく、遺品整理を通して残された遺族の心の整理するタイミングでもあります。

遺品は遺族の方々にとても大事なものでしょう。容易に処分することは出来ないと思います。遺品整理をして同時に故人との思い出の整理もすることができるといいですよね。遺品整理は本来、遺族の方々が行うべきものという考えがあったかもしれません。

本当であれば、遺族の方々がしっかり遺品整理と向きあうことが出来ればいいですが、遺品整理はあなたが想像しているよりも実際にしてみてかなり時間がかかってしまう作業です。まだ使用出来そうなモノに対してどこまで処分していいか、必要な書類か不要な書類か判断もなかなか難しいものです。

ゆっくり時間をかけてすればいいと思うものの、段々とストレスになってしまう方々も少なくありません。ですから、最近ではいくらか費用を掛けてでも、遺品を高価に買い取ってくれる業者が増えているため、遺品整理業者に依頼するケースが増えて来ています。遺品整理業者が増えて来たのもごくごく最近のことと言っていいでしょう。

思い出の品々や、貴重品を誤って捨ててしまうということもあるかもしれませんが、業者に依頼すれば、高く買い取って貰えたり、リサイクルやリユースしたり出来るかもしれません。

遺品整理に罪悪感はありませんか?

遺品を捨てることに心理的なハードルがあり、どう対処すればよいか悩んでいませんか。遺族で話し合い、故人の遺品を形見として残すと決めても、どのように扱うのか、誰が管理するのか、どこに片づけるのか、はじめての経験であれば判断が難しいものです。

最悪の場合、親族でそれら責任を擦り付け、関係が悪くなることも少なくありません。また、故人が大切にしていたモノを勝手に捨てたら、罰当たりではないか感じる人もいたり、形見と聞いて遺品整理を避ける人もいたり、いざ遺品整理を始めてみると「必要」「不必要」の判断がそれぞれ親族間で違うこともあります。

では遺品を処分する場合、罪の意識を感じてしまったら、どのような対策をすれば正解なのでしょうか。

残念ながら、これが正解というのはありません。罪の意識を感じてしまうことは致し方ありませんが、それら遺品はどこかのタイミングで「捨てる」決断をしなければなりません。仮にあなたがその遺品を現世に残したとしても、子供、孫やひ孫の代までそれらは必要なモノでしょうか。

将来、子供たちの世代まで処分の責任を背負わせてしまうのであれば、故人に近いご自身がしっかりと供養してあげた方が良いかと思います。

遺品の供養を考える

遺品はいずれ処分するものだとお話ししましたが、遺品を処分することに抵抗を感じる方は、神社やお寺でお焚き上げをして遺品の供養をしてもらいましょう。

最近では、供養するモノの量が増え、遺品の供養を制限している神社やお寺もあると聞きます。そのような場合、費用はいくばかりか掛かってしまいますが、遺品整理業者が提携している供養施設や神社、お寺などで遺品の供養をしてくれる場合もあります。遺品整理と、お焚き上げによる遺品の供養をセットにサービスを展開している業者が増えているので、積極的に活用しましょう。

遺品整理の手順と効率的な仕分け方法

遺品整理の手順と効率的な仕分け方法

遺品はいずれ誰かの不用品になる

故人の残した品々が、残された遺族にとってどれほど大切なモノで、それらが後世に残ったとしても遺品はいずれ誰かの不用品になります。

故人への想いが蘇る、捨ててしまってはもったいない、バチが当たりそう、様々な思いがあるかもしれませんが、自分の子供、孫たちへの負担を減らすという点でも、しっかりと必要なモノなのかどうか見極める必要があります。

段ボールを5種類用意する

たくさんの思い出の詰まった遺品の数々。それらを見ると処分することがどうしても億劫になってしまいます。いざ遺品整理を始めると捨てられなくなるという経験する方がほとんどです。

遺品整理のポイントは、誰が見ても分かるように印をつけて段ボールに仕分けすることです。「①手元に残す遺品」「②貴重品」「③形見分けする遺品」「④供養品」「⑤業者に引き取ってもらう不用品」の5種類です。大きい荷物や家財には色違いのシールを貼り分かるようにしても良いです。とにかく、一目でどれが必要なものなのか、不要なものなのか、誰が見ても分かるようにしましょう。

ちなみに、この段ボールの数が増えてしまうと仕分けが煩雑になるので、注意しましょう。例えば「誰かに必要性を確認するための保留用の段ボール」を用意したとします。処分するかどうか迷ってしまう場合がほとんどですので、当然、その段ボールはすぐに箱いっぱいになってしまうと思います。

処分に迷ったモノは遺品を供養することを念頭に置き、出来る限り、割り切って①~⑤に仕分けできるよう努めましょう。

遺品整理の最適な時期やタイミングとは?

遺品整理の最適な時期やタイミングとは?

時期やタイミングはいつでも良い

遺品整理の時期は悩みますよね。一般的に四十九日・一周忌・三回忌・七回忌の時期に遺品整理を行う方が多いのは、親族が集まり、話し合いの場が持ちやすい事が理由の一つです。

しかし、時期やタイミングについてはいつでも良いというのが結論です。心が落ち着いてから整理するのも良し、故人を想い早く整理するのも良し。「いつまでにしなければならない」ルールはありません。

賃貸物件・公営住宅の場合は要注意

賃貸物件の場合、退去が遅くなればその分だけ家賃が発生します。さらに孤独死でご遺体の発見が遅くなると遺体が腐敗し特殊清掃が必要となります。時間が経てば経つほど部屋の内装は劣化し原状回復義務が求められるのでリフォーム代がかさみます。

公営住宅については亡くなってから49日以内に部屋を明け渡す必要があるので、出来る限り早いタイミングで遺品整理を行う必要があります。

よくある悩みで分かる業者に依頼するメリット

よくある悩みで分かる業者に依頼するメリット

平日仕事で時間が取れません。仕事の休みが不定期なので土日も対応できるかどうか・・・。
平日仕事で時間が取れません。仕事の休みが不定期なので土日も対応できるかどうか・・・。

時間が掛からず、365日土日祝日対応する業者がほとんどです。何より、遺品整理に不慣れな一般の方よりも慣れている業者にお願いすれば安全でスムーズに進みます。また、何度も足を運ばずに、遠方でも立ち会わずとも遺品整理が出来ることもメリットです。

長時間の整理作業が困難です。足腰に負担を掛けたくないです・・・。

長時間の整理作業が困難です。足腰に負担を掛けたくないです・・・。

作業当日は現場の立ち合いだけで問題ありません。仕分けした遺品を互いに確認しながら整理が出来ます。事前に打ち合わせをしておけば、誤って大切なモノを捨ててしまったというような事態は避けられます。

捨てる事に罪悪感があります。思い出が蘇って辛いです・・・。
捨てる事に罪悪感があります。思い出が蘇って辛いです・・・。

どうしても処分出来ない場合は、時間を置いてから処分しても良いでしょう。業者に依頼することで、心に踏ん切りがつき、片づけるしかないといった考えが強くなることをよく耳にします。また、自分では価値が判断出来ないモノであれば、遺品鑑定士に査定してもらい、残すか処分するか代わりに判断してもらってもよいでしょう。

生前に書類の説明があったけど、どこに保管されているか分からない・・・。

生前に書類の説明があったけど、どこに保管されているか分からない・・・。

土地の権利書、大切な書類、印鑑や預金通帳などの貴重品は、保管されている場所が分からないこともしばしば。1人で探すより、業者に依頼すれば遺品の探索もスムーズです。タンスの横や書籍の間に挟まっていた現金、机の奥にしまっていた宝石類が見つかったという声はよくある話です。

お焚き上げ・遺品供養の方法が分かりません。近くに対応してくれる神社はありますか・・・。
お焚き上げ・遺品供養の方法が分かりません。近くに対応してくれる神社はありますか・・・。

供養すべきモノとそうでないモノの判断がつかない、神棚や仏壇の片づけ方が分からない、供養をお願い出来る神社やお寺が分からない、また、孤独死や自殺で不幸があった部屋を丸ごと供養してほしいといった声をよく聞きます。基本的に業者は合同供養という形で、提携している神社やお寺が複数ありますので、そこで遺品を供養してくれます。

骨董品や美術品は買い取ってくれるの?部屋に置いてもかさばるだけだし・・・。

骨董品や美術品は買い取ってくれるの?部屋に置いてもかさばるだけだし・・・。

パソコン・周辺機器、家具、オーディオ機器、家電製品、車両・バイク、骨董品や美術品、ブランド品、農機具など遺品整理の一環で、遺品を高価に買い取ってくれる業者がほとんどです。その場で査定してくれるので、廃棄にかかる費用を抑えられます。不用品だと思っても、リサイクルやリユース出来ることもあるので、業者へ一度相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました