4LDKの間取りで遺品の片づけを業者に依頼したら費用はいくら?

コラム
4LDKの間取りで費用を知りたい人
4LDKの間取りで費用を知りたい人

家の中にある家族の遺品の片づけをしたいのだけれど、結構な量の家具や本、寝具などがあってどうやって処分したらいいか分からない・・・。
専門業者に依頼するとなると出費もかなりのものになるだろうし、なんとかして費用を安く済ませられないだろうか。

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 4LDKの相場は18万円だが、遺品の量で金額は変わる
  2. 運搬費用や処分費用に費用が掛かる
  3. 費用を安く済ませるには、自身である程度の仕分けは行う
  4. 必ず業者に訪問させ、相見積もりを取ること

大切なご家族が亡くなられた後、そのご家族の遺品をどのように整理して処分するかは頭を悩ませる問題です。

一口に遺品と言っても、簡単に処分できるものばかりではなく、家具や寝具など家から運び出す作業だけで重労働になる遺品も多く、またその処分方法も大変なものです。

このように大変な遺品整理は、やはり専門の業者に依頼するのがベストな方法です。

そこでこのページでは、遺品の片づけを専門の業者に依頼した場合、その費用は大体いくらくらいになるのかについて実体験を交えながら紹介します。

4LDKで相場は18万円、実際の費用は総額33万円

4LDKで相場は18万円、実際の費用は総額33万円

ネットで調べてみると、4LDKの間取りで遺品整理を専門業者に依頼した場合、最低価格が18万円からというのが相場です。

しかし、実際に支払った費用は総額33万円でした。理由は処分するモノの量が多かったからです。

私の家は2階建てで4LDKの間取りで、周りは山に囲まれた急な坂道ばかりあるという立地条件です。しかも、阪神淡路大震災の時に父の実家が全壊してしまい、急遽運び入れた家具を私の家で保管していたことで父の遺品プラスアルファであったという特殊要因があり、相場とは違う見積もり結果となりました。

遺品整理の業者にかかる費用というのは千差万別で、様々なファクターが絡まって最終的に費用総額となるため、4LDKの間取りにおける遺品整理の費用が一律33万円ではないということにご注意ください。

参考 格安でも丁寧・安心な遺品整理業者とは?相場やポイントも紹介

何に一番費用が掛かるのか

遺品の整理を業者に依頼する場合、その費用の目安は「遺品の量」にあります。

この「遺品の量」がどうして遺品整理の業者の費用にとってもっとも重視されるのかというと、家から遺品を運び出して処分業者やクリーンセンターに持ち込む「運搬費用」と、そしてその「処分費用」がかかるからです。

ですから、ネットなどで遺品専門の整理業者の費用価格を調べた際に、「4LDKでの遺品整理は18万円~」といった情報が出てくるかと思いますが、遺品の量が少なくて作業員の数を減らせる場合で、かつ古い遺品が少なくて再利用可能な場合に限られます。

とすると、「何に一番費用が掛かるのか」は、遺品整理をする専門業者の作業人員の数とその時間になります。

さて、私の場合は最低価格と言われる18万円の倍近い33万円の費用が遺品整理にかかりました。

阪神淡路大震災のときに家に運び込まれた父の実家の家具や粗大ごみが非常に多く、父の遺品だけではなくてそれらの処分も必要だったからです(父が亡くなる以前に父の両親も他界していたため、すべて実家の品が父の相続となったためです。)。

そのため、専門業者から派遣された作業人員の数が7名、トラックの数が2台という結構な大仕事になったことを覚えています。

しかも、家の立地条件がやや悪条件だったことも費用に関係したと思います。

我が家は神戸市の西のはずれにある区で、周りは山に囲まれた坂道ばかりの場所にあります。しかも家の前の道路は車1台分のスペースしかなく、トラックを玄関前につけることが出来ない場所です。

また家から道路に出るまでには人が一人通れるだけのスペースしかない狭い階段を上り下りしなくてはならず、作業も重労働だったと思います。

このような悪条件が重なって、我が家では遺品整理に33万円もかかってしまいました。さらに父の実家から運び込まれた様々な家具や寝具、道具類は非常に古いものが多くて再利用も不可能でした。

そのため再利用可能な遺品であれば、その再利用によって業者の費用との相殺というメリットも使うことが出来ませんでした。

荷物の量はトラック何台分?

我が家での遺品整理の際の遺品の量というのは、父の遺品というのは衣服や本といったものと、父が電気工事の職人だったので自宅にあった電気工事に必要な機械系の粗大ごみが主なもので大した量ではありませんでした。

しかし、父の実家に会った古い大型の家具や寝具の処分のため、一般廃棄物業者のパッカー車2台分くらいの処理量があったと業者さんは言っていました。

もともと父の実家は平屋建てのさほど大きくはない家でしたが、戦後すぐ位からため込んだと思われるさまざまな遺品があり、しかも希少価値のあるものではなくてただのガラクタにすぎず、再利用が全く不可能なものばかりでした。

そういった品々を家の玄関前には止めることが出来なかったトラックまで人力で運ばなければならず、しかも動線が非常に狭い立地だったので作業人数と時間が余計にかかってしまい、それが費用のアップに影響したのだと思います。

作業人数は7人、作業日は1日間

ネットなどで調べると、4LDKの戸建て住宅でも作業人数が4名で、4時間で終わる場合もあると聞きます。逆に敷地が広くて1部屋がすごく広い場合には、作業人数が8名で、数日間という情報もありました。

ただ4LDKの住宅で調べると大体4名くらいの人数で5時間くらいというのが多いみたいです。

我が家の場合は、父の遺品だけではなく父の実家の遺品もプラスアルファだったこと、そして我が家の立地条件の悪さという悪要因が重なって、遺品整理業者の4LDKでの最低価格の倍近くもの費用がかかってしまいました。

作業日は確か平日の1日で終わり、大体6時間くらいでした。遺品整理の費用にはこの「日時」も重要なファクターとなっています。

というのも、労働基準法で土日の場合、作業員への報酬がアップするためその分の費用が上乗せされるからです。また、「翌日に作業を依頼する」など急場の依頼の場合は、作業員確保のための残業手当も必要となり、費用の上乗せとなってしまいます。

遺品の片付けで気を付けたことは?

遺品の片付けで気を付けたことは?

遺品整理で気を付けたことは費用を安くできるかという点はもちろんのこと、貴重品や是非とも手元に置いておきたい品を間違って処分しないことでした。

とくに間違って大事な遺品を処分してしまったら取り返しがつかないことになります。上に「何に一番費用が掛かるのか」の項で費用は遺品の量だと書きましたが、加えて貴重品の探索という点も費用の目安になるといいます。

そこで、より安価でしかも間違って大切な遺品を処分しないように自分がどうしたかを紹介します。

複数の業者に見積もり依頼

遺品整理の専門業者はネットで調べると星の数ほどいます。ただ大体の相場は決まっているようです。

4LDKの間取りでの遺品の片づけは18万円を最低価格に設定しており、多くとも60万円くらいにまでで上限は限られてきます。

そこで問題は18万円以上かかるとして、自分の依頼がどのように算出されたかを明確に知ることがカギになります。その内訳を明らかにしない業者はぼったくり業者だと考えられます。

私が業者に頼もうとしたとき3件の業者に見積もりに来てもらいました。うち2件は40万円以上の価格を要求され、結局33万円の業者に依頼しました。

その33万円の業者さんに見積もりに来てもらったときに40万円以上の価格について尋ねてみたところ、多分マニュアル通りの価格を要求したのではないかとのことでした。

その業者が言うにはちゃんと見積もりをして、人員とトラックの数、時間数の計算をすれば適正な価格がでるはずとのことでした。

そして、その業者は内訳について説明をしてくれて、私も納得した上で契約をしました。

ですから、遺品整理を業者に依頼する際には複数の業者にあたってみること、そしてその内訳をしっかりと聞いて納得できたうえでの契約をするのが必要だと思います。

費用を安く済ませるには?

遺品の量と家の立地条件は変えられません。その上で、自分でできる費用のコストダウンというのは、やはり自分でできる遺品の仕分けは自分でしておくことです。

費用の項で書いたように、遺品量に加えて貴重品の探索もまた業者の費用の上乗せになってしまいます。

そのため、片付けの日までに処分すべきでない遺品と貴重品を自分で仕分けておけば、業者に頼むのは遺品の運搬と処理費用だけで済みます。予め仕分けておけば大切な品を失わずに済むというメリットもあります。

まとめ

遺品整理の業者に依頼した場合の費用は遺品の量により、作業人員とその拘束時間、加えて期日や家の立地条件、さらには再利用の可能性という様々なファクターによるので一概に言えませんが、4LDKの間取りなら最低価格18万円からというのが相場です。

そして、適正価格の遺品整理のため複数の業者に見積もりに来てもらい、内訳の理由をしっかり聞いたうえで納得すれば契約することがコスト安につながります。

また自分で処分してはいけない品を仕分けすることで業者の手間が省けて、コストダウンすることも可能になります。

タイトルとURLをコピーしました