50代で始める老前整理と断捨離!スッキリ身軽に老後を迎えよう

コラム
50代で老前整理を始めようとする人
50代で老前整理を始めようとする人

親が亡くなったとき、葬儀や相続手続きよりも遺品整理が1番大変だった。自分のときには、配偶者や子どもに面倒をかけないよう身軽にしておきたい。

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 老前整理の意味を知って50代で始める必要性を考える
  2. 老前整理でムダと本当に必要なことを理解する
  3. 断捨離により老後を身軽にして生前整理に備えるメリット
  4. 老後や終活を配偶者や子どもと一緒に考えて備える

いま、50代の終活「老前整理」が注目されていることを知っていますか?

多くの方が「まだ60歳前なのに、終活とか生前整理なんて縁起でもない!」と思われることでしょう。しかし、50代から老前整理を始めることにより、老後生活をはじめ終活や相続など、将来のさまざまな問題に対して備えることができます。

そこで元気なうちに老前整理を始めるメリットと、身軽になって老後を迎えるために「断捨離」のポイントをご紹介します。

老前整理の意味と50代から始める必要性

老前整理の意味と50代から始める必要性

50代になって子育てにもひと段落つくと、夫婦の話題は、10年先・20年先の老後のこと、親の世話や介護など、否応にも老後生活のことがテーマになることが増えます。また、シングルの方がひとりで老後を迎える覚悟をするのも50代が多いとうかがいます。

50代からの終活「老前整理」と聞くと、「とても気になるが知りたくない」という人も多いかもしれません。まずは、老前整理の意味とメリット・必要性を知って下さい。

老前整理の意味は?

老前整理では、60歳からスタートするマラソンのように長い老後生活のために、準備運動を始めて走り出すイメージを作ります。

目的は、自分が健康で楽しい老後生活をおくるためで、生活全般から自分の持ち物の断捨離をしながら、老後生活の準備をすすめることです。

具体的には、タンスや押入れにながく眠っているモノ、本棚に飾られている本やコレクション、引き出しの中でもう何年も使われていないペンやノートにいたる、いままでため込んで来た使われなくなったモノを手放すことからはじめ、来る老後をむかえる前に生活の負担を減らして、心身ともにスッキリと身軽になりましょう。

長い老後となるセカンドライフを健康に楽しく生きていくために、準備運動として、この週末から老前整理を始めることをおすすめします

生前整理となにが違う?

言葉は似ている「生前整理」は、「モノを手放す」という点で行動は同じですが、目的や結果が異なります。

生前整理は、自分が亡くなったときに遺族の負担を軽減させることが目的となり、概ね60歳を超えてから取り組まれる方がほとんどです。整理の対象は、モノ以外の資産や相続などお金に関わる部分にまでおよびます。

人によっては、老人ホームなどへの転居などの理由から、住居そのものが生前整理の対象になることもあり、必ずしも当人の意思が反映した整理ができるとは限りません。

また、高齢になってからの生前整理は、家族や専門業者などに依頼することが多く、自分のプライベートを他人に晒すことにもなり、精神的な苦痛がともなうこともあります。

老前整理の場合は、あくまでも自分が主体で行い、自身のセカンドライフをより良いものにすることが目的です。

50代で老前整理をおこなっても、70代でも生前整理は必要になります。しかし老前整理をしていた人としなかった人とでは、その手間や苦労の違いは想像以上となります。

50代から始める必要性

50代から老前整理を始める必要性は、健康なうちに老後生活に備えることで、経済的負担が軽くなり精神的にもゆとりが生まれ、健康的な生活は送れるからです。

具体的には、まだ足腰のしっかりしているうちなら、自分の手で持ち物の取捨選択から梱包ができます。また、50代のうちなら思い切って手放せるものも、歳を取ると「2度と手に入れられないかもしれない」という気持ちが先に立ち、使わないものでも手放せない精神状態になるからです。

50代から自分のペースではじめられる老前整理では、自分の老後生活を身軽にするだけでなく、60歳以降に突然の病気で倒れたとしても、配偶者や子どもへの大きな負担が避けられる、というメリットもあります。

老前整理をしっかりやっておけば、高齢になってから生前整理で大変な思いをしなくて済む、という効果も期待できますね。

老前整理でわかること・できること

老前整理でわかること・できること

老前整理で「断捨離」を進めていくと、ムダや浪費が次第にわかり、手元にお金が残るようになります。

ムダなモノと浪費がわかる

断捨離を進めると、いかにムダなものにお金や時間を費やしてきたのか、自分の浪費を目の当たりにすることでしょう。

老前整理では、20代、30代のとき「ゼッタイに必要!」と信じて疑わずに買いあつめた品々が「タンスの肥やし」になっていることに気付かされます。

20代のときにバブル経済と怒涛の経済成長を経験してきた、いまの50代は、良い意味で楽天的ですか、コレクション好きで必要の有無をあまり考えずに商品購入をする人が多く、タンスの肥やしも予想以上に多いことがうかがえます。

人によりさまざまなコレクションもあると思いますが、思い切って捨てましょう。そして今後、モノ集めの趣味はやめることをおすすめします。いわゆる浪費癖を断つことが大切ですが、そのコレクションを残されても家族が困るからです。

自由が手に入りお金が残る

捨てることを続けていくと、ある時点でモノへのこだわりから開放されることが感じられます。モノへの強いこだわりが捨てられれば、必要最小限の生活でも充実感が得られる生活がおくれるようになります。

精神論になってしまいますが、捨て続けていけばいずれムダに気付き、その後のお金の使い方に変化が現れます。つまり、浪費がおさえられ、お金が手元に残るようになります。

モノへの執着がなくなると、お金が手元に残ると同時に、モノに縛られた価値観や虚栄心を捨て去る事ができるので、精神的にも開放されて自由な気持ちが得られスッキリした気分になれるでしょう。

老前整理のすすめ方(断捨離のポイント)

老前整理のすすめ方(断捨離のポイント)

今、20代30代の人にふえている「ミニマリスト」を知っていますか? ミニマリストとは、生活に必要な最低限の持ち物だけで「充実した生活」をすることに重点を置いた生き方をする人のことをいいます。

このミニマリストの生活スタイルが、50代で断捨離を進める際、身軽な生活を送る「イメージモデル」として参考になり、断捨離のポイントを知ることができます。

バブル時代の後遺症ともいえる、モノへの価値に縛られ続けた50代の人こそ、思い切った取捨選択を実行しましょう。

1.必要のないモノを買わない

断捨離の「断」は、要らないものを断つことです。

具体的には、習慣化している買い物が、本当にいま必要か? 将来も使い続けるのか? レンタルで済ませられないか? など、面倒くさいと考えず、ひとつずつ深く考えてみて下さい。

生活全般ですから、例外はありません。日常生活の食品や生活用品の購入時にも意識することが肝心です。慣れてくると、いま持っているモノへの固定概念も変わり、持ち物の断捨離にも変化がおきるでしょう。

2.いらないモノを捨てる・譲る

断捨離の「捨」は、いま持っているモノを捨てる、ということです。

持っているものを捨てるときに頭に浮かぶ「モッタイナイ」という言葉は、実は、いらないモノをあらわしています。

ちょっと思い出してみて下さい。「モッタイナイ」という言葉を使う際、ほとんどの場合、モノを捨てるか譲る際に使われています。(例外として使用中のモノを壊したり、失くしたりしたときにも使いますが…)

たとえば、タンスや押入れに眠っている使わなくなったブランド物のファッションやバッグなど、恐らくそのほとんどは「捨てるにはモッタイナイ、いつか使うかもしれない」と、もう使わないとわかっていながら残してきたモノです。

なかには思い出の品もあるでしょう。しかし、そういって取っておいてもキリがありません。

手放す目安は1年間使ってないモノで、その多くは無くても困らないものです。ちゅうちょなく判断して、捨てる・譲る・売却するなどして処分しましょう。

どうしても手放せないときは「今シーズン使わなかったら捨てる」など、自分で期限を切りましょう。

3.モノへの執着から離れる

断捨離の「離」は、はなれるということ、つまりモノへの執着から離れることが必要になります。

昭和30年代半ばから40年代前半の50代のご夫婦では、子育てのために郊外に家を買い、車を多用しながら生活し遠距離通勤を続けてきた苦労ももうすぐ終わります。

そのまま今の家に住み、車を持ち続けることが最良の選択なのでしょうか?

60代70代になるまで家や車を持ち続けるに執着していれば、高齢者でも運転を続けなければ生活できない環境に、住み続けているかもしれません。

50代で子育てが終わり、子どもの独立も見通しが立てば、夫婦で交通の便が良い駅近の都市部に住み替えることも「離」になるでしょう。その場合、車も手放すことでモノへの執着から離れられるでしょう。

断捨離は無理をしない、無理をいわない

断捨離の判断は自分のものだけにしましょう。老前整理をスムーズにすすめるには、夫婦でもお互いの断捨離について強要しないのが暗黙のルールです。

他人には何の価値も感じられないモノも、本人にとっては大変重要なモノ、ということもあるので、お互いに気をつけましょう。また家族のものでも同様です。

夫婦で決めなければならない、家や車などは、時間をかけてゆっくり検討する必要があります。50代から始めれば、十分にその時間もありますし、資金的にも検討することが可能です。

老前整理すれば老後生活に困らない

老前整理すれば老後生活に困らない

老前整理によって断捨離を進めていけば、生活のムダがわかり、浪費を抑えていくことができます。

必然的にセカンドライフの生活スタイルや、それに必要な費用ともらえる年金などにも話はおよび、50代から60代以降の生活に必要な資金や収入について、計画や見通しを立てることができます。

配偶者や子どもと「老後・終活」を考えて備える

老前整理を進める際は、自分だけで黙々と進めるのではなく、長年連れ添った配偶者や子どもにも目的を話しましょう。

老前整理を行なわず将来の目的を定められない場合は、人にもよりますが、大変な浪費をしてしまう人もいます。

たとえば、今まで子育てにお金をかけてきた人が、子どもの卒業・就職により目的に到達した場合、次の目標がなければ、余裕がでる資金を別のものに使ってしまうかもしれません。

それが大好きな趣味の車を購入した場合どうでしょうか?

50代の場合、選択はさまざまですし1回趣味の車を購入するくらいなら、数年後に再検討する余地もあるでしょう。

しかし、老後に2000万円もの追加費用がかかるといわれる今、50代からの老前整理から将来を見据えてまずは身軽になることをおすすめします。

そしてあなたの配偶者や子どもが歓迎してくれる、お金の使い方、生き方を考えることからはじめましょう。

まとめ:体力とお金があるうちに老後の準備を進める

50代は、体力的にもまだ十分余力を残しており、金銭的には、子育てさえ終わればセカンドライフに向けて集中して蓄えを作っていくことができます。

重要なことは、目標がしっかり定まっていることで、それには、無理やムダを捨てる「老前整理」を行い、身軽になってから、将来を見据えたお金の使い方を夫婦で考えていくことが不可欠です。また、50代でシングルの老後を覚悟したらひとりでも困らない資金計画を立てる必要があります。

50代なら判断力、体力、資金力ともに猶予があるので、まずは老前整理を行い生活のムダや欠点を洗い出すところからはじめましょう。

タイトルとURLをコピーしました