遺品整理とは?はじめて遺品整理を行う時に知っておきたいこと

コラム
はじめての遺品整理で迷う人
はじめての遺品整理で迷う人

遺品整理って何から始めて手を付けていいか分からない。手続きとか面倒で高い金額が請求されるんじゃないの?

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 遺品整理の時期や仕方について
  2. 遺品の仕分け方法
  3. 失敗しない信頼のおける遺品整理業者
  4. 遺品整理の相場
  5. 売れる遺品とは?

大切な家族が亡くなるということ。とても悲しく辛いことですが、これはどうしても避けることができません。

その中で故人の大切な思い出の物、遺品は何を処分すればいいのかを明確に判断することが大切です。

ただ、その遺品の中で価値のある丁寧にふり分けたり仕分けしたりすることは、家族だけで行うことはとても厄介なことです。

そこでここでは、遺品整理をことについて必要なことを考えていくことにします。

参考 「みんなの遺品整理」でおすすめの優良業者を見る

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

「遺品整理をする時、一体、何処から始めればいいのだろうか?」このように悩む人が、ほとんどではないかと思います。そこで、まず遺品整理の時期や仕方を考えてみることにします。

時間的な制約があるケース

遺品整理でも、時間的に限りがある場合があります。故人が賃貸住宅で生活をしていた場合は、期限までに部屋を明け渡す必要があります。

それまでに遺品整理を完了終えておかなければならず、一般的には亡くなった月の月末か翌月末までが契約期間となり、それまでに遺品整理は終わっていることが大半です。

また、逝去して49日の法要が終わるまで賃貸契約を継続しておき、その後で遺品整理を行うケースもあります。

時間的な制約がないケース

故人が持ち家に住んでいたとなると、住居から退去する必要がないので、急いで遺品整理をする必要はありません。

但し、遺族や親族に何の相談もせずに自分1人で片付けてしまうと、後々トラブルになる可能性があるので、十分に相談して整理を進めていくことが大切です。

このように時間的な制約がない場合、自分達で整理することができるので、遺品整理業者を利用するよりは経費的には、安く済ませるメリットがあります。

では、自分達で遺品整理するために必要なポイントを確認していきます。

自ら遺品整理をすること

自分達で遺品整理をする場合は、まず次のようなものを準備します。

  1. 作業着、汚れてもいい軍手、マスク、スリッパ
  2. 遺品整理に必要の資材・道具類
  3. 段ボール、ガムテープ、ゴミ袋、カッター、はさみ、ロープ、マジックペン。家具の分解に必要な工具類
  4. 運搬用車(軽トラ、ワゴン車)

遺品整理には、汚れても構わない服装で行くことが重要です。遺品整理では、仕分けする量が多いので、必要資材も多め用意しておくことです。

特に廃棄物を処分場に持ち出すためには、運搬用台車や軽トラやワゴン車をレンタルしていくと便利です。

遺品を仕分け

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

遺品には、色々な種類がありますので、何からタッチして行けばいいのか分からないと頭を悩ましてしまうものです。

そのような状況でスムーズに整理を進めていくためには、遺品を大きく3つの種類に仕分けてすることです。

  1. 貴重品や形見品
  2. リサイクル品
  3. 廃棄品

骨董品や形見品

貴重品や形見品としては、次のようなものが挙げられます。

通帳、クレジットカード、不動産関係書類、年金手帳、有価証券、貴金属や骨とう品など、これらの遺品の中には、法的手続きが必要なものがありますので、他の遺品とは別に保管し、他の物の整理が終わり次第親族間で話し合って整理するようにしましょう。ポイントは、明確に区別しておくことです。

リサイクル品

遺品の中には、リサイクルが可能な物もあるかもしれません。

具体的には、冷蔵庫、テレビ、洗濯機等の家電製品や、PC、家具類、鍋等が挙げられ余す。

これの遺品は、リサイクルショップで買い取りしてくれる可能生がありますが、製造年月が3年~5年程度の物であれば、積極的に受け入れしてくれます。

廃棄品

今まで挙げた貴重品、形見品、リサイクル品以外は、全て廃棄品と判断しても問題はありません。

但し、廃棄品はその地域の自治体の分別ルールに併せて処分する必要があります。

自治体によって廃棄品の分類が異なるにで、事前に内容を確認して処置するようにしておくことです。一般的には、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミに分けられます。

仕分け後の処分

前述の仕分けが終わったなら、次のように処分して行きます。

リサイクルショップへの売却

製造5年以内の家電やブランド品などはリサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があるので、利用してみる価値があります。

今では出張買取も可能な店舗もあるので、上手に利用することです。中には、金属類・プラスチック、古紙等でも、専門業者に依頼して引き取ってもらえる場合もあります。

廃棄品はゴミとして処分する

不用品に分別したものは、ゴミ集積所の指定の日に出したり、粗大ゴミの回収を依頼したり処分します。

しかし、やはり自分達で遺品整理をすることは、ともても大変なことです。このことから遺品整理を専門にしている業者に委託することがおすすめです。

失敗しない信頼のおける遺品整理業者選び

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

遺品整理をプロの業者にお願いすることで、面倒で厄介な整理が、比較的スムーズに完了させることができます。

しかし、整理業者も世の中には、数多くありますので、より優良な業者を選ぶ事が大切です。ここでは信頼のおける遺品整理業者選びについて考えていくことにします。

都内近郊の遺品整理「株式会社絆」

不用品回収や清掃だけでなく、原状回復工事や産業廃棄物処理、外壁塗装など幅広く対応している遺品整理業者です。遺品整理に関する全ての業務を行っています。

現場を確認してから見積もりを出すので、作業後に予想外の金額を請求される心配もありません。

骨董品や貴重品など、価値のあるものがあればリサイクル対応も可能。お客様立会いのもと作業しますので勝手に引き取ったり、廃棄することもなく安心して任せることができます。

「株式会社絆」公式サイト

「みんなの遺品整理」で別の優良遺品整理業者を検索する

※全国603社以上の優良事業者から一括で複数社の見積もりが可能です。

電話受付の対応は良好か?

遺品整理業者を選ぶ時に、まず初めにやらないければならいこと、それは、業者に電話やメールで問い合わせをすることです。

ここでこだわり点は、「電話で問い合わせすること」です。メールと比べて、業者の姿勢がよく把握できるためですが、「こちらの質問に対してしっかりとした返答ができるか?」「事務的な対応になっていないか?」「すぐに契約の話も持ち掛けてくる」というような電話応対をする業者は、信用することができないと判断してもいいでしょう。

料金体系が明確になっていること

優良な業者選びの1つに料金体系が明確になっていることも挙げられます。

どの業者でも料金表は最低価格が明記されていることが普通なので、実際に見積りを取ってみると、想定外の金額になることも珍しくありません。

このことから、料金表はあくまで目安の1つとして受け止めておきながら、見積りを取得して、どの程度の費用が必要なのかを把握することです。

また、相見積もりを4社から取得して、比較検討することも大切です。金額の安さだけで判断せずに作業内容・追加費用の有無などよく確認することです。

特に見積を取る場合には、電話だけで内容を教えるのではなく、業者のスタッフは現場に立ち会って、見積りをしてくれるかどうかも、正確な金額把握のポイントです。

遺品の中には、大切な思い出品もあるはずです。そのようなことから、事前にスタッフが訪問して入念な打ち合わせと現場確認を行う業者かどうかも見極め方の1つでしょう。

また、見積り相談は無料で応じてくれるのか、見積り以外に追加の費用はないか等も重要な選択ポイントとなってきます。

遺品整理の実績・資格・保険の有無

業者選びにおいては、実績やスキルも重要な判断基準となります。併せて、遺品整理業務では、運搬業許可から廃棄物処理までに資格だけでなく古物商の資格も必要になってきます。

しかも、 作業中の事故に備えて賠償保険の加入業者かどうかも確認しておくことが必要です。

これらの情報は遺品整理業者のホームページで過去の実績、作業事例を始め、企業概要ページで、サービス内容や資格、損害保険も確認することができるので、しっかりとチェックしておくことです。

遺品整理の相場を掴んでおくことも大事

業者選びの中では、どの程度の費用、金額がかかるか相場感を理解しておくと、業者から提示された見積りのレベルも客観的な比較に役立ちます。

遺品整理を住居の広さで整理すると次のような金額・作業時間が目安になるでしょう。

間取り料金相場作業人数作業時間車両サイズ
1K・1R30,000円~80,000円1~2人1~3時間軽トラック
1DK50,000円~120,000円2~3人2~4時間1tトラック
1LDK70,000円~200,000円2~4人2~6時間1tトラック
2DK90,000円~250,000円2~5人2~6時間2tトラック
2LDK120,000円~300,000円3~6人3~8時間2tトラック
3DK150,000円~400,000円3~7人4~10時間3tトラック
3LDK170,000円~500,000円4~8人5~12時間3tトラック
4LDK以上220,000円~600,000円4~10人6~15時間3tトラック

ここで気になる点は、料金に大きな幅があることですが、これは、処分する家財の量・種類により料金がかなり変わってくるためです。物が捨てられなかったような故人であれば、部屋が狭くても処分費用が高くなりますし、広い部屋でも整理されているのであれば、安い費用で処分することも可能です。

荷物の量

遺品整理は処分量によって、大きく料金が変動していきます。回収する遺品が少ない場合は、廃棄業者の処分料が安くなるのでトータル的な料金も低くなります。

特に不用品の運搬費と人件費が増えることから作業人数や搬出車の多さによっても大きく変わってきますが、上記の料金を理解しておくことだけでも、大変参考になります。

処分する遺品の種類について

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

遺品整理業者は各リサイクル業者と業務提携を図っており、ゴミ処分料として費用が発生するものでも、無料で引き取ることがあります。

むしろ、遺品処分の料金から値引きしてくれるケースもあるほどです。

売れる遺品

遺品処分においては処理費用を軽減するために売却できる遺品があることも把握しておく後々便利です。当初予想しなかったくらいの価値があり、買取に出すと結構な金額で売却できるものもあります。

遺品整理業者への費用負担を考えると、処分にもかなりのお金が必要となりますので、少しでも費用節約のために遺品を選別して売却することが懸命です。

遺品処分業医者の中には、老朽化していない家電製品や家具、貴金属・宝石・骨董品なの売却見合い分を処分費用から差し引いて、費用を安くしてする場合もあります。

しかし、買取やリサイクルの条件は業者により異なるので、事前に確認しておくことが必要です。

売れる遺品としては、貴金属類・高級時計・洋酒、日本酒・金(ゴールド)・仏壇、仏具などがあります。

特に貴金属類だと、指輪やネックレスなどのアクセサリーなどの貴金属は高価買取の可能性が高く、相場的には、20,000円~30,000円程度です。

高級ブランドのアクセサリーについては、1度に出さずに細かく品物を分けて査定してもらうようにするといいでしょう。

時計はロレックス、オメガのような高級時計が数十万円レベルの査定が付く可能性が高いです。特にロレックスは、シリーズによって価値が下がりにくい物もあり、軽く100万円台買い取られることもあります。ケースや保証書がある場合は必ず一緒に査定に出しましょう。

難しいのは、古い絵画や掛け軸等、価値があるのか分からない美術品類です。

この手の美術品は価値の判断が付けづらく、すぐに処分したくなるものですが、鑑定してみると有名な美術家の作品の可能性もありかなりの金額で査定されることもあります。

このような美術品の見つけたなら、箱もセットで泉温業者に査定してもらうことです。

遺品整理の時期、いつから始めるか?

どのように遺品整理をして行くか?遺品整理の仕方

ここで悩むことは、遺品整理の時期です。いつから始めるのか?整理を行うタイミングとしては、急がない場合、急ぐケースがあります。

急がないケース

法要に合わせてのタイミングの49日・1周期・3回忌・7回忌などの時期に遺品整理を行うのですが、遺族が集まるタイミングで話し合いながら遺品整理を行うことができます。

急ぐケース

急ぐケースは前述の通り、賃貸物件などに住んでいだ故人の部屋を片付ける際に契約上の期限に伴っていく場合です。賃貸住宅では、月末や14日後に明け渡さなくてはならないこともあります。

参考 「みんなの遺品整理」業者の口コミや評判を見る

遺品整理での注意点・トラブル

遺品整理で一番、注意しなくてはならないことは、相続に関することです。遺品の中には、価値の高い品物が含まれていることがあります。

売れる遺品としても紹介した、貴金属類・高級時計・金(ゴールド)・美術品・骨董品が挙げられますが、これらの遺品を自分勝手に売却したり、処分したりすることは、遺族や親戚とトラブルを引き起こすことになります。

そのために、遺品整理については、遺族と十分に話し合い、決めることが必要です。また、故人の生前にあらかじめ決めておく「生前整理」という考え方もあります。

特に高価な物を相続するような場合には、この「生前整理」が大きな効果を発揮することになります。

ここまで見てきた遺品整理の注意点やポイントを念頭に置きながら、つつがなく整理を進めていってもらいたいものです。

タイトルとURLをコピーしました