残されて困る遺品とは?家族に迷惑かけない生前整理術

コラム
家族に迷惑かけないように生前整理で迷う人
家族に迷惑かけないように生前整理で迷う人

良かれと思って子供や孫に遺したモノが、実際は迷惑だったモノってあるの?迷惑にならない範囲で終活を進めたい。

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 生前整理は先延ばしにせず、出来るだけ早めに行う
  2. 基本的にモノは遺さないことがベスト
  3. 遺品整理で困ったら業者へ連絡
  4. 業者に依頼すれば高価に買取してくれるケースも

将来の自分や家族のことを考えて、生前整理をしておこうと思っている人はたくさんいると思います。

しかし、いざ整理するとなると、何をどのように整理したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

何を整理すればいいのかわからないという場合は、残された家族が困るような物は何かを考えて整理していくのがおすすめです。

そこで、当記事では家族が残されて困る遺品にはどのようなものがあるかを紹介します。

また、そうした遺品をどのように整理していけばいいのかを、元遺品整理業者のプロがアドバイスします。

大きくて処理に困る物

大きくて処理に困る物

一般のゴミとして処分できないような大きな物はスペースをとりますし、運び出すのも大変なので、処分に困ります。大きな物を整理すれば部屋もスッキリして、その後の生活も過ごしやすくなるので、要らない物はできるだけ減らしていきましょう。

家電

家族が残されて困る大きな物で代表的なのが冷蔵庫や洗濯機などの家電です。

一緒に暮らしている家族がいる場合はそのままその家電を使用してもらえば問題ありませんが、別々に暮らしている場合、家電は大概それぞれの家庭でそろえているので、処分することになるケースがほとんどです。

しかし、家電は一般ごみとして処分することはできませんし、粗大ごみとしても処分することができません。家電を処分するとなるとリサイクル法に基づいて正しい方法で処分する必要がありますし、リサイクル料金も発生するケースも多いので、処分する人にとって大きな負担となります。

家具・インテリア

家具やインテリアも家電と同じように、一緒に暮らしている家族がいる場合はそのまま使用してもらえば問題ありませんが、別々に暮らしている場合は、処分することになるケースがほとんどです。

特に、大きな家具やインテリアは持ち運びも大変ですし、家具の中にたくさん物が入っている場合だと、家具の中身から整理する必要が出てくるので、処分する人にとって大きな負担になります。

寝具

家族が残されて困る大きな物として意外と多いのが寝具です。故人が長年使用していた布団や枕を処分するのは抵抗があるけど、だからといって自分達や来客用として使用するのも抵抗があってどうしたらいいかわからないと悩む人は結構多いです。

また、処分するにしても布団や枕はかさばりますし、処分する人にとっては大きな負担になってしまいます。

元遺品整理業者のプロの一言コメント

長年使用していないような家電があれば早めに処分するのがおすすめですが、今後の生活で使用する家電もたくさんあると思います。

そうした家電の中でこんなに大きなサイズは必要ないなというものがあればコンパクトなサイズの物や軽量な物に買い替えるのも1つの方法です。

家具に関しても長年使用していないものは処分したり、コンパクトなサイズの物を買い替えたりするのがおすすめです。また、家具の中の整理も行い、不要なものは処分して、できるだけ物を減らしていきましょう。

寝具に関しては、毎日使用するものであり、事前に全て処分をするわけにはいかないので、家族に処理してもらうことになるでしょう。

その際にあまりに古い布団や枕であったり、汚れが目立っていたりすると、たとえ家族であっても気持ちが良いものではありません。

そのため、古い寝具を新しい物に買い替えておくことが生前整理にもつながります。

遺品整理で困ったら業者へ連絡

元気なうちに整理をすることで、自分自身の将来の負担を軽減させるだけでなく、残された遺族の負担も軽減できますから、生前整理は先延ばしにせず、可能な限り早めに行うことをお勧めします。

ポイントは、「みんなの遺品整理」を使って複数の業者に一括で見積もり依頼をすることです。業者によっては遺品の買取価格に差が生じるので、複数の業者に依頼して訪問見積もりをしてもらい、一番高く買い取ってもらう業者を選びましょう。

参考 「みんなの遺品整理」で複数の業者へ一括見積もりをするには?

大量にあると困る物

大量にあると困る物

少量であれば、処分することになってもそれほど大変ではない物も多いですが、大量にあると処分が非常に大変になる物もあります。

書籍

本を読むのが好きでいつの間にか本棚にいっぱい本が並んでいるという人も少なくないでしょう。本は少量であれば処分するにしても大した負担にはなりませんが、大量にあるとかなりの重量になりますし、処分するのも大変です。

家族が読むというのであれば残しておいても良いですが、そうではない場合はできるだけ減らしておくのがおすすめです。

衣類

お気に入りだった衣類や、プレゼントしてもらったものなど、今は着ていなくても思い入れがあって捨てることができず、クローゼットにたくさん眠っているという人もたくさんいると思います。

ブランド品や状態が良いものは家族や誰かに譲ればいいと思う人もいるかもしれませんが、どんなにいい物であっても衣類の場合は好みがあるので、もらった側も使用することなく保管するだけになってしまうことの方が多いです。

また、残された家族にとって故人が生前に身につけていた衣類を処分するのはすごく抵抗があるものです。だからといって、残された衣類が大量にあると、残しておくのも負担です。

趣味に関する物

夢中になれる趣味を持つことはとても良いことですが、その趣味をするために必要な道具や、お気に入りのグッズはどうしても増えてしまいますよね。

しかし、こうした趣味に関するものは、自分にとっては大切なものであっても、残される家族などにとっては必要がないものである場合が多いです。

元遺品整理業者のプロの一言コメント

家にたまっている本で、長年読んでないものは処分することを検討した方がよいでしょう。

処分するといっても、本は古本屋で売ることもできますし、最近ではフリマアプリを利用して売るという方法もあります。

また、福祉施設や図書館など寄付すると喜んでもらえるところも多いので、そういったところへ寄付するのもおすすめです。

1年以上着用していないという衣類は、処分を検討し、量を減らしていきましょう。いつか着るかもと思うかもしれませんが、1、2年経っても着ていないものは、その後も結局着ることなく終わるケースが多いです。

趣味に関する物で要らなくなった物は、同じ趣味をもった人がいる場合はその人に譲るなどすると良いでしょう。その他の物で使わなくなったものはできるだけ処分して減らしていきましょう。

思い出がたくさん詰まった物

思い出がたくさん詰まった物

思い出が詰まっている物はなかなか捨てられるものではありません。しかし、残された家族にとっては、故人が大切にしていたものを簡単に捨てるわけにはいかずどう処理していいか悩んでしまいます。

残された家族をなるべく困らせることがないように、思い出がたくさん詰まっている物であっても、生前整理しておくのがおすすめです。

写真

思い出が詰まったものとして代表的なものが写真でしょう。

ふとした時にアルバムを見て当時のことを思い出していたら、あっという間に時間が経過していたという経験がある人もたくさんいるのではないでしょうか。

そうした思い出の写真を処分するのは難しいですが、残された家族はもっと処分しにくいものです。

少量できれいにまとめてあるものであれば、残された家族も負担にはなりませんが、整理されていない写真がたくさんあると家族を困らせることになってしまいます。

日記・手帳・手紙

日記や手帳を記入する習慣がある人は、過去の日記や手帳が溜まっているのではないでしょうか。また、人からもらった手紙は捨てずに保管しているという人も多いと思います。

自分で記した日記や手帳、人からもらった手紙は、非常にプライベートなものなので、人に見せるものではありませんし、家族であっても絶対に見られたくないというものが多いです。

そうした日記や手帳、手紙などを残されると、家族はどのように取り扱っていいのか悩んでしまうことになります。

記念品

イベントや大会などでもらった賞状、トロフィー、記念品などは思い出の品としていつまでも保管しておくものですし、家にたくさん並べている人も少なくないでしょう。

そうした物は少量であれば、残された家族も特に困ることもないと思いますが、大量にあると保管しておくのも大変ですし、だからといって処分するのも気が引けるので、どうしていいか困ってしまいます。

デジタルデータ

近年では、高齢の方でもパソコンやスマートフォンでインターネットを利用している人が増えています。

インターネットを利用して、ネット通販を楽しんでいる人、ネットバンクの口座を保有したり、ブログ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSやゲームのアカウントを開設していたりする人も多いですよね。

しかし、こうしたデジタルデータを残された家族はどう扱っていいかわかりませんし、個人情報が流出したり、悪用されたりして、残された家族に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

元遺品整理業者のプロの一言コメント

写真はきちんと整理し、たくさんある場合は本当に残しておきたい写真だけを厳選して残しておくのがおすすめです。

記念品も、なるべくかさばらないように本当に残しておきたい物だけ残すようにしましょう。記念品がかさばっているから減らしたいけど、処分するのが惜しいという場合は、写真に残してから処分するという方法も良いでしょう。

日記、手帳、手紙は残された家族が処理に困ってしまうので、見られて困るものがある場合やもう必要がないという物はできるだけ処分しておくと良いです。

デジタルデータは、個人情報の流出などで残された家族がトラブルに巻き込まれないためにも、既に使わなくなったアカウントなどは登録を解除したり、必要がないデータは削除したりしておきましょう。

まとめ

家族が残されて困る遺品について、遺品になりそうなものをどのように整理していけばいいのかについて紹介しました。

いざ、整理すべきものを挙げてみると思った以上にたくさんの物を整理しなければいけないのだな…と、感じた人も多いのではないでしょうか。

しかし、生前整理をすることで財産整理がしやすくなり、残された家族の間で相続トラブルが起きにくくなることが期待できますし、残された家族が遺品整理を行わなければならないという負担を減らすこともできます。

また、元気なうちに整理をすることで自分自身の将来の負担を軽減させることもできますから、生前整理は先延ばしにせず、できるだけ早めに行うことをお勧めします。

生前整理を行い、遺品になりそうな物は、遺品整理のプロである遺品整理業者へ鑑定を依頼し買い取ってもらうとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました