終活で後回しにしない。生前整理が無理なく進められるコツとは?

コラム
終活の生前整理で迷う人
終活の生前整理で迷う人

生前整理って聞くとハードルが高く聞こえる。終活を考え始めてから元気なうちにした方が良いって聞くけど、何から始めれば良いか分からない・・・。

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 残された家族の負担を減らすために生前整理は必須
  2. 生前整理を始めるベストなタイミング
  3. 生前整理の代行業者へ依頼するケースが増えている
  4. 行政手続きや保険解約、土地の所有権変更なども業者へ依頼がベスト

終活の一つである、生前整理。遺品などを早めに整理することを意味しますが、効率的な片付け方法などはご存知でしょうか?

本記事では、終活における生前整理の進め方をご紹介していきます。段取りや注意点なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

終活で行う生前整理の意義とは?

終活で行う生前整理の意義とは?

生前整理とは、生きているうちに身の回りのモノやお金に関わるモノを自らが整理をしていくことを意味します。生きているうちに家のモノを片付けていくことになるので、残された家族の負担を減らすことへと繋がっていくのです。

例えば生前整理を行えば、自分の財産をそのまま遺族に任せるのではなく、自らの考えに従って相続を行うことができます。また、大事なモノをどのように処分するかどうかを自分で決めることができるのです。

「断捨離」という考えと似ていますが、お金の整理も含まれるのでしっかりとした身の回りの整理が求められると言えるでしょう。

生前整理を始めるベストなタイミングは?

生前整理を始めるベストなタイミングは?

ではそんな生前整理を始めるとなった時に、ベストなタイミングはいつになるのでしょうか?ここでは順番に、生前整理の最適なタイミングについて見ていきましょう。

終活を考え始めたとき

終活という言葉が流行ってきて、テレビ番組やCMなどで見る機会が増えてきました。そんな終活に関する情報を見て「終活を始めたほうがいいかな?」と考えたときが、まさにベストなタイミングと言わざるを得ません。

終活とは相続争いを無くすことにも繋がっていき、早めに対処することでトラブルなどを避けることもできます。さらに終活への理解がされている今の状態のほうが周りも協力的になってくれるので、生前整理を始める際に効率的に片付けを進めることも可能です。

体力の老いとともに判断力や決断力が鈍くなったと感じたとき

年齢を重ねていくと、どうしても判断力や決断力が低下してしまう恐れがあります。昔では当たり前にできていたことも、身体の衰えからできなくなってしまうものです。

例えば身体が衰えた後に生前整理をしていこうとしたとしても、身体がついていかなくては効率的な片付けができなくなってしまい、最終的に生前整理自体を諦めてしまう恐れもあります。

また捨ててほしいモノと捨ててほしくないモノの判断をしようとしても、記憶力の低下などによって貴重品となるモノがどれなのか、分からななくなってしまう恐れがあるのです。

なので、どれだけ身体が元気なうちに生前整理をしていくかが、満足のいく生前整理をするかのカギを握っていると言えるでしょう。

老人ホームへ入所、介護が必要となったとき

老人ホームに入所することが決まった場合、そのまま元気になって家に戻ってくるというのはほとんどありません。そうなってくると家に置いてある日用品は、亡くなるまでそのまま放置されてしまうということになってしまいます。

さらに介護が必要な生活になってくると、毎日の衣食住だけでも動くのがやっとの生活になってしまうので、遺品整理を進めていくことは困難になってしまうことでしょう。しかし老人ホームに入所する前や介護が必要になると分かった時に遺品整理を進めておけば、後の心配をする必要がなくなります。

自分の力で家の片付けや整理ができない状況になると判断した時に、生前整理をしておけば周りの人に迷惑をかけなくてすむのでおススメのタイミングです。

長期入院が必要な病を患ったとき

長期入院となると大病や難病を患ってしまい、下手をしたらしばらくの間、病院での生活を余儀なくされる可能性が出てきます。そうなってくると家の片付けが疎かになってしまい、だんだんと埃が積もってきたり、モノによっては劣化してしまう恐れもあるのです。

しかし生前整理をしておき身の回りの片付けをしておけば、家のことを心配せずとも病気を治すことに専念することができます。大病や難病にかかってしまうと、何が起こるか分からないのが現実です。

もちろん病気は、早く治るに越したことはありません。しかし今後のことをしっかりと考えておくならば、事前に家の中の整理や身の回りの片付けなどを進めておくのも大切なことなのではないでしょうか。

優良事業者を検索する

生前整理の仕方について

生前整理の仕方について

では実際に生前整理を行うとなると、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか?そこでここでは、生前整理の仕方を詳しく見ていきましょう。

財産目録の作成

財産目録とは、被相続人の財産が紙やデータによって一覧で判別できるようにしている表のことを意味しています。生前整理の時に、家族にとってプラスとなる財産やマイナスになる財産を理解しておくことで、相続すべき財産の理解へと繋がっていくのです。

プラスとなる財産

プラスとなる財産とは、主に以下の種類が適用されます。

  1. 現金
  2. 所有している土地
  3. 通帳などに残っている預貯金
  4. 有価証券
  5. 自家用車
  6. 骨董品や美術品など
  7. 家具や家電

ただし、上記の財産は金額に応じて相続税などが発生する恐れもあるので、どれぐらいの金額かをしっかりと割り出しておくと良いでしょう。

マイナスとなる財産

次にマイナスとなる財産について。主には以下の種類が適用されます。

  1. 被相続人が残した借金
  2. 未納の税金
  3. 債務

相続の時によく忘れがちなのが、借金や税金です。もし支払いが住んでいない場合は相続人に引き渡される形になるので、財産目録にどれぐらいの金額が残っているかを明記しておくと良いでしょう。

資産の整理

財産目録を書いていくにあたって、資産の整理は必須条件となります。どれぐらいの財産が今残っているのか、どのような資産を家に残しておくのかなどをそれぞれ整理をしていきましょう。

ただここでの注意点として、資産とは財産とは違い、何もお金や土地などの財産だけを表すものではないという部分に注意しなくてはいけません。資産とは、今までに被相続人が残してきた「信用・スキル・人脈」などの目には見えない財産も含まれています。

実際に資産を整理していくことで、価値あるものが見つかることもありますし被相続人が亡くなった後に手助けしてくれる重要なキーパーソンが現れるかもしれません。なので、財産だけでなく資産の整理もしっかりとしていくのがおススメです。

モノの必要、不必要を仕訳

生前整理の目的として、残った遺族に負担をかけさせないようにいらなくなったものを処分していくことも含まれています。なのでいらないと判断したモノや残された遺族にとって不必要なモノは、処分をしていくか売却をしていき、家の中をすっきりとさせていきましょう。

方法としては、現在使用している生活必需品の他にも、亡くなった後も家に置いておいてほしいモノ、形見として残しておいてほしいモノなどを割り出していきます。この際に、相続に関わる通帳や貴金属の場所などを、相続人に知らせておくか事前に遺言書などに明記しておくと安心です。

デジタルデータの整理

生前整理の時に忘れがちなのが、デジタルデータの整理です。デジタルデータとは、パソコンや携帯の中に残っているデータのことを意味し、ネット証券やFXや株などのインターネット上に残っている隠れた財産です。

デジタルデータの整理をすることで、本来の財産がどれぐらい残っているのかがはっきり分かるので必ずチェックしておきましょう。またデジタルデータの場合、悪用される可能性も否定できないのでしっかりと事前に整理しておくと安心です。

遺言書を残す

遺言書は遺産相続の際に一番効果を発揮するもので、法律に基づいた形で「遺産を誰に残すべきなのか」などを記しておくことができます。遺産の相続の際に多いのが遺言書がない場合の金銭によるトラブルですが、事前に被相続人が記しておけば問題も起きません。

さらに遺言書に法定相続人でない人に遺産を残したいと記しておけば、親族以外の人にも遺産を相続することが可能です。ただししっかりと遺言書を書くには形式があるので、ちゃんと形式を理解してから書いていくのが良いでしょう。

最短で生前整理を進めるコツとは?

最短で生前整理を進めるコツとは?

ただ実際に生前整理を進めようと思っても、なかなか手が進まないものです。そこでここでは、最短で生前整理を進めていくためのコツをまとめていきました。

1年経っても使わないモノ、誰かに使ってほしいモノ、家族に残す大事なモノに分ける

モノを仕分けする際に大切なのは、要らないと判断したものや誰かに使ってほしいモノ、家族に残す大事なモノに分けていくことが大切です。長年使っていないモノには情がうつりがちですが、1年以上使っていないようなら、必要ないものの可能性が十分にあります。

また誰かに使ってほしいものがあるなら、事前に仕分けをしておくことですぐに渡すことが可能です。実際に「形見分け」という方法で、被相続人と仲がいい友達や知り合いには遺品などを譲っても問題ありません。

必要ないモノや誰かに使ってほしいモノをしっかりと分けていけば、自然と家族に残す大事なモノもわかってくるのでおススメです。

生前整理の代行業者へ依頼

もし生前整理をする時間がない人やあまりにも整理するものが多い場合などは、生前整理を代行してくれる業者に依頼するのが一番です。家に残された遺品やモノの片付けを専門としている業者で、量にもよりますが1~2日で効率的な片付けができます。

ただし中には、多額の金額を請求してくる悪徳業者もいるので、しっかりと事前見積もりを取っておき対策を練っておくと良いでしょう。

Point

行政手続きや保険解約、土地の所有権変更など手続きは業者へ依頼すべきです。

業者に頼めば、相談に乗ってくれるだけではなく、司法書士や専門家を紹介してもらい、煩わしい手続きを進められます。相談は基本的に無料なので、一度聞いてみましょう。

よくある悩み

  1. 平日忙しくて、戸籍や税金の手続きをしたいけど役所に行けない
  2. 名義変更や保険解約についてどう手続きをすれば良いか相談したい
  3. 土地の所有権移転について司法書士と話がしたい

「みんなの遺品整理」でおススメ業者を探す

※全国603社以上の優良事業者から一括で複数社の見積もりが可能です。

終活で生前整理をして良かったの声

終活で生前整理をして良かったの声

50代/女性/秋田県にお住いの方

終活という言葉が世間で話題を呼んでいる中で、「私もしなくてはいけない!」と感じて始めてみました。最初は周りから若干の反対意見はあったものの、いざ相続のことや家の中にあるものの整理をしていくという話をしていくと、積極的に家族も片付けを手伝ってくれたので助かりました。

「遺産相続によるトラブルはつきものだ」と知っていたので、残された遺産のせいで家族との関係を崩したくないと考えている方は、ぜひやったほうがいいと思いました。

60代/男性/東京都にお住まいの方

家の中に物が溢れていたので、どうにかしたいと考えていたのですが生前整理という言葉を知ってから積極的に取り組むようになりました。私の場合は、物が大量にあったので業者に依頼をしたのですが1日で物を回収してくれて大変助かりました。

家の中がすっきりしたと同時に、中には高額で売れるような遺産も見つかったので、これから満足のいく人生を過ごしていくための足しにしていこうと思います。

まとめ

生前整理の意義や片付けのタイミング、仕分けのコツなどをまとめていきました。

生前整理をすることで、身の回りの整理だけでなくお金の整理にも繋がっていきます。ただ、もし生前整理をするなら身体が元気なうちに考えておくべきですが、何より身近な方たちの協力が不可欠です。

すべてを全部でやろうとするのではなく、みんなで協力して家の整理をしていくことで、家の中に残っているモノやお金をきちんと整理することに繋がるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました