特殊清掃を安心して任せられるおすすめ業者7選!孤独死に強い会社の選び方とは?

コラム
残す遺品と処分する遺品が分からない人
残す遺品と処分する遺品が分からない人

特殊清掃はトラブルが多いって聞くし、安心して任せられる業者ってどこなのかな?二重にお金を払うのは絶対に嫌だ!

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 特殊清掃業者の選び方のポイント
  2. 特殊清掃業者=遺品整理業者は大間違い
  3. 即日すぐに対応してくれる特殊清掃業者
  4. 定額制で料金がわかりやすい特殊清掃業者
  5. 総合NO.1の特殊清掃業者

孤独死や事故死の発生した部屋の清掃を行う特殊清掃業者は、近年の遺品整理業者の急増に合わせて急激に増えており、しっかりとした知識と技術を持っていない業者が蔓延してしまっています。

知識・技術のない業者に依頼してしまうと、汚れや臭いが取りきれないといったトラブルに巻き込まれ、二重のお金を払って違う業者に再び依頼しなければいけないこともあります。

この記事では、安心して特殊清掃を依頼できる業者と、業者の選び方をご紹介します。

特殊清掃業者=遺品整理業者は大間違い

特殊清掃業者=遺品整理業者は間違い

2000年代前半からメディアなどで多く取り上げられるようになり、現在は日本特有の社会問題としても扱われるようになった孤独死問題。

メディアで取り扱われ出した当時は特殊清掃の専門業者などはおらず、リフォーム業者が体液で汚染された建材をそのまま運び出して処分すると行った流れが一般的でした。

しかし、遺品整理の専門業者も2000年代中頃には続々と立ち上がり、孤独死現場の清掃である特殊清掃も同時に遺品整理業者が行うようになりました。

その当時は、孤独死現場を少しでも綺麗にしてくれるということで、特殊清掃業者=遺品整理業者という認識が一般的でしたが、現在は異なります。

特殊清掃のノウハウもこの10数年でかなり積み上がっており、現在の特殊清掃は遺品整理業者が片手間で行うことのできる作業ではないという声までも上がっております。

実際に遺品整理業者がノウハウを持たずに特殊清掃を請負い、床材の下に染み込んだ体液が洗浄されていない、部屋の腐敗臭が全く取れていないといったトラブルが日常的に起こっています。

特殊清掃の後には遺品整理も業者に依頼するのが一連の流れになるので、どちらの作業も同じ業者に依頼できれば業者選びも楽ですし、ディスカウントで料金も安く抑えることができます。

しかし、ノウハウを持っていない遺品整理業者に特殊清掃まで依頼してしまうと、賃貸物件の引き渡しや不動産売買の際に、特殊清掃が不十分として扱ってもらえないケースもあります。

まずは特殊清掃業者=遺品整理業者という先入観をなくし、特殊清掃はしっかりとしたノウハウと技術を持った業者に依頼しましょう。

特殊清掃業者の選び方のポイント

特殊清掃業者の選び方のポイント

では特殊清掃業者を選ぶ際には、どのような点に注目すればいいのでしょうか。特殊清掃業者の選び方のポイント・コツを3つご紹介します。

低料金だけをアピールする業者は避ける

まず特殊清掃をこれから依頼しようとお考えの方に知って頂きたいのが、特殊清掃は決して安い料金ではできません。

高すぎる料金を提示する悪徳業者ももちろん中にはいますが、すべての作業を行った上で数万円で作業ができる業者には依頼しないことをおすすめします。

この後ご紹介しますが、定額制の料金パックで必要最低限の作業を低価格で依頼できる特殊清掃業者はいます。

しかし特殊清掃の作業は、体液の処理や床や壁の一部解体、部屋全体のハウスクリーニングや消臭など、本来であれば1日で終わることのない作業量があります。

にもかかわらず数万円程度で作業ができるとアピールしている業者は、それらの工程をすべて1日で終わらせ、形だけ綺麗になったように見せるような作業をしている可能性が高いです。

創業してすぐ実績のない業者が、まずは実績を集めるために低価格で受注しているケースも考えられますが、いずれも技術力に不安が残りますので、依頼しないのが吉と言えるでしょう。

電話・見積もりでノウハウと技術を持っているかを判断

ホームページでは、ノウハウや技術のない業者でも制作会社に依頼すれば見栄えの良いホームページが出来上がります。

制作会社は同業他社のホームページをチェックし、内容も踏襲した上で制作していきますので、どこの業者もノウハウ・技術を持っているイメージを抱くかと思います。

しかし、実際に電話で問い合わせをした際の受付担当者が特殊清掃について詳しくなかったり、見積もりにきた担当者が料金のみを提示して、作業内容や「なぜこの工程が必要なのか」と言った説明ができなかった場合は、実際にはノウハウ・技術を持っていないと言っても過言ではないでしょう。

事務的・機械的な説明しかできない業者には、特殊清掃を任せないようにご注意ください。

詳しい見積もり、スケジュールを提示できる業者を選ぶ

先述の通り特殊清掃には様々な工程がありますので、それぞれに料金が発生しています。

にもかかわらず、「全体で〇〇万円」といったいわゆる丼勘定をする業者には依頼しないことをおすすめします。

安心して特殊清掃を依頼できる特殊清業者は、どんな工程を踏んで特殊清掃を進めていくのかを具体的に説明し、実際のスケジュールまで説明ができます。

また、なぜこの工程には料金がかかるのか、どんな薬剤や機材を使うのかといった情報が説明されなかった場合は、依頼者の方から質問し、納得できる説明をしてもらうようにしましょう。

即日対応できるおすすめの特殊清掃業者3選

即日対応できるおすすめの特殊清掃業者3選

ここからはおすすめの特殊清掃業者をご紹介していきます。この記事では「即日対応」「定額制サービス」「総合」の観点でおすすめの特殊清掃業者を7社ご紹介します。

メモリーズ(本社:大阪府)

特徴 大阪府、名古屋市内、神戸市内、奈良市内での特殊清掃であれば即日対応

大阪府に本社を構えるメモリーズは、多くのテレビや雑誌などで特集が組まれている業界内でも有名な遺品整理・特殊清掃会社です。

メモリーズの特殊清掃の特徴は、独自に開発した「オリジナル消臭シート」です。

ご遺体の体液によって汚染された床材は、通常であれば解体するしかないのですが、このオリジナル消臭シートは汚染箇所に貼り付けるだけで臭いを99.9%カット。

解体が難しい場合や解体まで行う予算がない場合など、様々な場面で活躍するのがこのオリジナル消臭シートの特徴でしょう。

※臭いを元から取るには汚染源である体液の取り除きは必須です。床材の下からも臭いは漏れていきますので、消臭というよりも防臭をイメージするといいかと思います。

「メモリーズ」公式サイトを見る

ワンズライフ(本社:東京都)

特徴 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、(茨城県、群馬県、栃木県の一部地域)での特殊清掃であれば即日対応

ワンズライフは設立が2015年と比較的最近できた会社ではありますが、スタッフの多くが他の遺品整理・特殊清掃会社に所属していた経験を持っているため、様々な特殊清掃現場を経験しています。

孤独死はもちろん、ヒートショックや自殺、事件性のある現場まで、幅広い特殊清掃に対応しています。

「ワンズライフ」公式サイトを見る

友心まごころサービス(本社:福岡県)

特徴 九州地方、山口県での特殊清掃であれば即日対応

友心まごころサービスは、スタッフ全員が遺品整理士の資格を所有しており(事件現場特殊清掃士の有無は不明)、法令やコンプライアンスの遵守を徹底している会社です。

代表の岩橋氏は、終活に関するセミナーで多く登壇するなど、孤独死を未然に防ぐ活動にも力を入れています。

「友心」公式サイトを見る

定額制のサービスがあるおすすめの特殊清掃業者3選

定額制のサービスがあるおすすめの特殊清掃業者3選

続いては、最低限の特殊清掃作業を依頼したい時にあると便利な、定額制サービスのあるいおすすめの特殊清掃業者をご紹介します。

管理会社や大家さんとの話し合いの結果「フルリフォームを行うから必要最低限の作業のみでリフォーム業者が入れる状態にして欲しい」というような状況では、ぜひ定額制のサービスを利用しましょう。

エバーグリーン(本社:千葉県)

料金 特殊清掃パック:78,300円
作業内容 汚染物の除去、消毒、消臭(消臭保証付き)

千葉県にある遺品整理・特殊清掃会社のエバーグリーンは関東全般での特殊清掃作業を承っています。

78,300円の特殊清掃パックでは、遺族や関係者などが部屋に入れるようになるまでの、孤独死の初期対応が可能です。

消臭保証がついていますので、万が一臭いがあまりにも取れていなかった場合には、もう一度消臭作業を行ってくれます。

※初期の消臭作業のみで、完全消臭は家財の搬出やルームクリーニングも必要になりますので、特殊清掃パックでは完全消臭はできません。

「エバーグリーン」公式サイトを見る

ほっとアルファー(本社:東京都)

料金 特殊清掃・消臭除菌なごみパック:75,300円
作業内容 消臭消毒、汚染箇所の清掃、汚染箇所の回収、1時間程度のオゾン消臭

東京都武蔵村山市にある遺品整理・特殊清掃会社のほっとアルファーは、解体業者としての登録も行っており、完全消臭にこだわった特殊清掃が特徴です。

消臭除菌なごみパックでは、その技術をぎゅっと詰め込んだ作業内容になっており、短時間で入室可能な状態まで復旧することができる、特殊清掃の定額サービスです。

「ほっとアルファー」公式サイトを見る

マインドカンパニー(本社:東京都)

料金 特殊清掃・消臭除菌なごみパック:75,300円
作業内容 消臭消毒、汚染箇所の清掃、汚染箇所の回収、1時間程度のオゾン消臭

東京都大田区のマインドカンパニーは特殊清掃と火災復旧(災害復旧)を専門とした2018年に法人化した新しい会社です。

その特徴は、特殊清掃を専門とした少人数ならではの対応力です。年間200件を超える特殊清掃の現場で培った技術を提供しています。

「マインドカンパニー」公式サイトを見る

総合的におすすめできる特殊清掃業者

総合的におすすめできる特殊清掃業者

リスクベネフィット(本社:千葉県)

料金 孤独死パック51,094円
エリア 日本全国対応。主要エリアに11拠点。

最後に総合的におすすめできる、「迷ったらここに頼んでおけば間違いなし!」という特殊清掃業者のご紹介です。

確かな技術とノウハウ・即日対応・定額制サービスなど、この記事でご紹介してきた内容をすべて踏まえているのが静岡県に本社を構える「株式会社リスクベネフィット」です。

リスクベネフィットは全国に営業所を持つ特殊清掃の専門業者で、最大の特徴は、孤独死に限らず様々なケースに応じることのできる「消臭力」です。

火災現場の消臭に関する特許( 【特許第6624753号】火災事故のあった部屋の消臭方法)を取得、2020年1月現在で孤独死現場(故人及び/又は動物の放置された部屋の消臭方法)を特許出願中など、その実力は確かです。

サービスの他にも、一般社団法人除菌脱臭サービス協会に働きかけを行うことによってノウハウを広める活動や、日本特殊清掃隊という団体の立ち上げなど、悪質な業者が増えてしまった特殊清掃業界の健全化にも精力的な動きをしている会社です。

しっかりとした技術とノウハウを持っており、特殊清掃の専門業者ということもありますので、リスクベネフィットは総合的におすすめできます。

「リスクベネフィット」公式サイトを見る

まとめ

今回ご紹介した7社のうち6社は全国対応していないため、特殊清掃を依頼する際には、まず複数の業者に電話で依頼をしてみて、信頼できる特殊清掃会社を選ぶようにしましょう。

一刻を争う緊急性の高い孤独死対応ではありますが、業者選びで失敗してしまうと特殊清掃が完了するまでに更なる時間を要してしまいます。

まず一度落ち着いて、優良な特殊清掃会社を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました