特殊清掃の手順とは?孤独死が発生して入室許可が下りる前にすべき事

特殊清掃の手順とは?孤独死が発生して入室許可が下りる前にすべき事コラム
遺品整理の供養で迷う人
遺品整理の供養で迷う人

まさか身近で孤独死が起こるとは・・・。警察の判断を待ってからじゃないと動けないし。特殊清掃業者に依頼したいけど、どの基準で選べばよいか分からない。

このような疑問・悩みにお答えします。

記事テーマ
  1. 持ち家よりも賃貸の孤独死の方が厄介
  2. 孤独死は時間との戦い
  3. 孤独死が発生して警察の入室許可が下りる前にしておくべき事
  4. 特殊清掃の優良特殊清掃業者を紹介

あなたも突然、「特殊清掃」と向きあうことになるかもしれません。 そこでは孤独死やゴミ屋敷、色々ハードなシーンを想定することができます。腐敗臭は相当キツそうです。

事件性はないと警察が判断したが、精神的に不安定で何から着手していいか分からない方がほとんどかと思います。

また特殊清掃は緊急を要するものなので事後対応をいかに早く済ませるか、特にゴキブリ、ハエ、うじ虫と言った害虫と戦っていかなければなりません。

ただでさえ、手続きが多いのに後始末を任され困惑されているかと思いますが、特殊清掃の手順について説明します。

持ち家よりも賃貸の孤独死の方が大変

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

家主と原状回復について早く協議する

孤独死。その遺体は数日するだけで腐敗が進み、数週間となれば腐敗臭と害虫が発生します。

孤独死はその遺体が明らかに自然死や病死と身内でも判断出来るような場合であっても、警察は「異常死」として扱うので必ず通報しなければなりません。

持ち家よりも賃貸の孤独死の方が対応を急がなければならず、近隣住民が管理会社や大家に連絡し孤独死が分かるケースがほとんどですが、どこまで原状回復の義務があるのか不動産管理会社や大家と早期に協議する必要があります。

この動きが遅くなるだけで、家主・管理会社側との原状回復の額で争いになる事がありますのでご注意ください。

家主と問題になりやすい異臭

死後の日数が経過するほど,室内に異臭が残ります。特殊清掃業者へ依頼して消臭作業をしてもらったとしても、その業者の技術力によっては完全に消臭出来ない場合があります。

床板や壁紙の交換や、オゾン処理による消臭・殺菌処理で済ませる業者が多いですが、ニオイの元を特定し消臭対策を施すことが重要となります。

遺体の腐敗状況によっては、オゾン処理では対処できないことも念頭に入れておいてください。

孤独死が発生して警察の入室許可が下りる前にしておくべき事

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

警察に部屋を清掃してもいいか承諾を得る

警察の現場検証中は、参考人としての立ち合いを除き、たとえ親族であっても室内に立ち入ることは出来ません。

死亡の事実を医学的に確認出来たのち、警察が事件性はないと判断すれば、初めて第三者の入室が可能となります。

入室許可が下りるまで待つしかないですが、場合によっては警察に部屋を清掃してもいいか確認すると、承諾を得られるケースもあります。警察に都度相談するのも良いでしょう。

特殊清掃業者へ見積もりを取る

とは言え、腐乱が進む遺体から発せられる腐敗臭や害虫は周囲に悪影響を及ぼします。警察に相談し検案の進捗を確認しながら、出来る限り早いうちに特殊清掃の見積もりを依頼しましょう。

部屋の完全な脱臭には1週間~2週間程度期間を要するので、早めに清掃業者へ相談し依頼することをおすすめします。

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者

株式会社絆

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

日本唯一のSHP工法による、優秀な消臭対策が出来る「株式会社絆」。このSHP工法と呼ばれる木炭を用いた特殊な消臭対策は、持続性や即効性に秀で、利用者からの満足度が非常に高いことで有名です。

「株式会社絆」公式サイト

重要

電話よりも、メールで問い合わせる方が良いです。情報を整理できるため、業者とのやり取りがスムーズになります。

また、特殊清掃は作業内容や場所(風呂や床上)によって、金額を大きく異なるので、4社以上で業者の相見積もり取得することをおすすめします。特殊清掃の優良事業者は「みんなの遺品整理」で一括で見積もりすることが出来ます。ぜひご利用ください。

「みんなの遺品整理」公式サイト

※全国603社以上の優良事業者から一括で複数社の見積もりが可能です。

特殊清掃業者に依頼するメリット

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

身内で人が亡くなった場合、身の回りの整理は残された者たちの義務と言っていいでしょう。故人の大切にしていたものを、あなたも大切に扱い、仕分けしていく必要があります。

しかし、予想外の亡くなり方をしているケースもあります。そのような場合、掃除するだけでも相当な大仕事です。義務というものの、ほとんど素人の方々の知識と技術では対応することができないケースが多くあります。

そのようなシーンに、特殊清掃業者はもはや必要不可欠な存在です。特殊清掃業者だからこそ、いろいろなシーンに臨機応変に対処してもらうことができます。

特殊清掃のシーンは、孤独死、自殺、そして、事件に巻き込まれたという場合もあります。強盗などに殺されるなど事件に巻き込まれて死亡してしまった現場は、かなり無惨な光景です。

そして、清掃に向きあう遺族も、事件自体を想像してしまって相当精神的にもやられてしまうことでしょう。実際にこのような現場を遺族だけに任せてしまうのは非常に酷です。

そのような特殊な死亡現場について清掃を引き受けてくれる者たちが特殊清掃業者なのです。特殊清掃業者は、プロフェッショナルとして実績やノウハウを持っている集団です。

また、第三者がかかわるという意味でもメリットはあります。

特殊清掃業者の仕事自体つらい仕事と言うことができますが、やっぱり現状を取り戻すために、このような人たちはなくてはならない存在です。

鉄道事故や飛び降り自殺が頻繁にニュースで報道されていますが、あのようなシーンでも、あまり報道はされませんが特殊清掃業者の存在なくて語ることができません。まさに、特殊清掃業者は、社会を陰ながら支えている、縁の下の力持ち的存在です。

いま、日本は、少し以前の時代よりも治安が悪くなったと言われています。海外から外国人も多く訪れるようになったのも治安の悪化を招く要因です。また、日本は、高齢化社会と呼ばれるようになりました。一人暮らしを余儀なくされている高齢者の方々も多くおり、孤独死の問題も増加傾向にあります。

このような孤独死の部屋を清掃する人たちが特殊清掃業者なのです。

害虫駆除ができる

特殊清掃では、おおかた嫌だということに対してもしっかり向き合い戦っていかなければなりません。孤独死の発見がかなり経過してしまったということもあるでしょう。それだけ遺体の腐敗は進行してしまうことになります。

このようなケースは、周囲の人たちが悪臭に気付き、通報されることが多いのです。通報しなければならないと思うほどの悪臭ということです。ついついこれ以上は想像したくないと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし、それはリアルな事実です。そして、腐敗が進行してしまった遺体に対しては、必ずと言っていいほど、ハエ、うじ虫という問題がかかわって来ます。

一度発生してしまった害虫は、相当タチも悪く居座り続けていることでしょう。更に、たまごも多くうんでしまうことになるので、一日も早く害虫駆除という意識は大事です。

もっと最悪になってしまう事態がある

ハエ、うじ虫以外にも、キクイムシやシンバムシが発生してしまうことがあります。孤独死の現場だから、このようなモノが発生してしまうということでもありませんが、木造家屋には発生するケースが高いです。様々な場所に巣を作り拡散してしまうから、家屋自体駄目になってしまう可能性が高いです。

住人の生活感がないのをいいことに、そのような害虫は悪さを発揮するでしょう。床におがくずのような木くずが散乱しているようなシーンを目撃したら、このような害虫にも注意が必要です。

ゴミ屋敷も注意

孤独死を迎えてしまう人たちは、それ以前生きる気力が失われ、家の中はゴミ屋敷化してしまう可能性もあります。このようなケースでは、ゴキブリも大量発生させてしまっている率が高いでしょう。

周囲の人たちが、自分の家に突然ゴキブリの量が増えてしまったことで異変に気付くこともあります。 そのような事態には、一刻も早く害虫駆除が必要です。

害虫駆除のポイント

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

害虫がうじゃうじゃ発生してしまっている環境の中では、「原状回復」「消臭作業」「リフォーム作業」と言ったことよりも、害虫駆除が先決です。その作業をスピーディーに行わないと、次々と害虫はたまごをうみつけてしまうことになります。

感染症を出さないという意味でも、即害虫駆除と向きあう必要があります。

人が現在も住んでいる家に対して、害虫駆除を依頼する方々もいますが、おおかた多いケースは、遺品整理、またリフォームとともに依頼するケースです。そのようなシーンでの害虫駆除は、害虫に対して徹底抗戦!することができるメリットがあります。

害虫駆除は、確かに大変な作業です。しかし、しっかり手順を踏むことで、もう一度清潔な環境は取り戻すことができます。

業者に害虫駆除を依頼した場合、殺菌効果の高い薬を散布して除菌します。殺虫スプレーを使用して害虫駆除、汚染部分を解体また清掃し、原状回復のリフォームを行っていきます。

また、害虫駆除は周囲の人たちに対しての配慮も必要です。安易に窓は開けないで、害虫被害を最小限に留め徹底駆除を行います。

プロフェッショナルに依頼するメリット

このような現場に遭遇してしまえば、やっぱり素人ではどうしようもないという思いになってしまうでしょう。即、専門家に依頼するのが正しい選択肢です。

いろいろな特殊清掃現場に対応してきたプロフェッショナルだからこそ、害虫がだいたいどんな場所に潜んでいるのかということも把握することができます。

畳の下、ちょっとした隙間、衣服の間・・・・。そのような場所も決して見逃しません。

また、害虫駆除を専門として行っている業者もありますが、遺品整理・特殊清掃・原状回復リフォームなどすべて兼ね備えた業者に依頼した方が、複数業者に依頼するよりも、コストも時間も節約することができるでしょう。

特殊清掃で害虫駆除が必須と言われる理由

孤独死などの現場では、遺体がかなり腐敗している可能性があります。そのようなシーンで、特殊清掃が必要となります。

特殊清掃の過程には、害虫駆除がありますが、基本、害虫駆除は、必要不可欠なステップとされています。

特殊清掃を安全に進行させるためにも、害虫駆除が必要とされています。それは、特殊清掃の現場にいるハエ、うじ虫と言った害虫は、遺体の中にある感染病のモトとなる菌、ウイルスを腐敗体液や血液から体内に取り込んでいることがあるからです。

まずは、そのような害虫を駆除しておかないことには、特殊清掃の作業を進行させている最中に何かしらの病気に感染してしまうリスクがあります。特殊清掃の業者に依頼をすれば、そのようなことも熟知して対応してもらうことができます。

そして、害虫駆除をしなければならないもうひとつのポイントがあります。それは、特殊清掃を終了させたあと、害虫が発生してしまう被害を最小限に留めるためです。

特殊清掃をいい加減な業者に依頼をすれば、害虫駆除をないがしろにしてしまい、一見は特殊清掃が完了したかに見えるでしょう。しかし、そこから再び害虫が発生して被害を受けることになります。

なんで、害虫駆除は、このようなことまで配慮しなければならないかと言えば、ハエ、うじ虫と言った害虫は、あなたが想像している以上とても繁殖力が強いからです。

どのような特殊清掃業者に依頼すればいいか

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

特殊清掃業者に依頼すれば、専門性の高い作業を期待することができます。

特殊清掃の仕事では、消毒にもいろいろな薬品を使用しなければなりません。強い刺激臭のものもあり、安易に扱えば人体にも影響してしまうことになります。

特殊清掃業者は、そのような意味でも相当高い知識も要求されます。そして、薬品などについて専門性を持っていることを証明するものが、「事件現場特殊清掃士」の資格です。

特殊清掃業者ならどこでもいいという気持ちでいれば、悪徳業者につかまってしまう恐れもあります。しっかり見積もりを出してもらい、あまりにも高い料金の業者には注意しましょう。

しかし、普段、特殊清掃業者とはあまり触れる機会もなく、高い料金を出されてもこんなものかと思ってしまう可能性もありますよね。

優良特殊清掃業者なら、 厳密なガイドラインに沿って活動し、もちろん料金設定も適正価格を設定しています。

特殊清掃だから、特殊清掃業をしてくれればなんでもありという訳ではありません。現場に足を踏み入れるため最低限の礼儀&敬意も必要になって来ます。

経験の浅い特殊清掃業者に依頼をすれば、 換気のため窓を開け、腐臭をまきちらしてしまうという行為も。また、遺体に対して軽率な扱いをすることがあります。

優良特殊清掃業者であれば、コンプライアンスもしっかり学び、法令を遵守して行ってくれることでしょう。

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者

株式会社絆

東京近辺のおすすめ特殊清掃業者「株式会社絆」

日本唯一のSHP工法による、優秀な消臭対策が出来る「株式会社絆」。このSHP工法と呼ばれる木炭を用いた特殊な消臭対策は、持続性や即効性に秀で、利用者からの満足度が非常に高いことで有名です。

「株式会社絆」公式サイト

重要

電話よりも、メールで問い合わせる方が良いです。情報を整理できるため、業者とのやり取りがスムーズになります。

また、特殊清掃は作業内容や場所(風呂や床上)によって、金額を大きく異なるので、4社以上で業者の相見積もり取得することをおすすめします。特殊清掃の優良事業者は「みんなの遺品整理」で一括で見積もりすることが出来ます。ぜひご利用ください。

「みんなの遺品整理」公式サイト

※全国603社以上の優良事業者から一括で複数社の見積もりが可能です。

遺品整理と特殊清掃の違い

一般的には、遺品整理よりは、特殊清掃の方が料金は高め設定になっているでしょう。それは、遺品整理と特殊清掃は性質が違うからです。

特殊清掃業者がする仕事は清掃ですが、おおかた死亡現場だけで作業です。清掃というものの、方法は血液、体液の洗浄、消毒、消臭などさまざまです。

遺品整理の概念は、あくまでも故人の残した物を片づける作業です。また掃除だけに拘りをもつだけでなく、遺産、権利書といったものを調べ、正しく分類することも遺品整理の仕事です。

特殊清掃業者の任務は、いかにして現場をキレイにしてあげるかです。遺族の気持ちを察してあげて作業を進行させるのも特殊清掃業者の仕事のひとつです。

遺品整理業者は、遺産分配をサポートすることもあり、 法律や不動産の知識も要求されることがあります。

事件現場特殊清掃士とは

事故現場特殊清掃士とは、一般社団法人 事件現場特殊清掃センターが認定している民間資格です。

一方で特殊清掃業者も専門の知識、機材と向きあう必要があります

事故現場特殊清掃士は、事故現場の原状回復に関しての心構えや、専門知識を学習して、依頼者にきちんと現状を説明、原状回復業務を実行できるプロフェッショナルのことです。

あなたが特殊清掃業者に依頼しようと思うものの、どの業者に依頼しいいかわからないことがあるでしょう。そのようなときは、このような資格を取得しているスタッフがいるかなどで判断してみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回、特殊清掃業者についてお話ししました。特殊清掃の現場を原状回復することは危険であり、作業的にもとても難しいことです。

基本、特殊清掃業者に依頼するという姿勢が正しいです。

万が一に備えてあらかじめ迅速に対応してくれる業者を探しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました