引っ越しをスムーズに進めるためにサマリーポケット活用、衣料品の保管に最適

断捨離・収納方法
記事のポイント
  1. 直近で使わないものを仕分けられ、スムーズな引っ越しに役に立つ
  2. 季節により着用しないが、所持しておきたい衣料品の保管に便利
  3. 発送元と異なる住所での取り出しが可能なため、様々な使い方が可能
  4. オプションサービスを利用すれば、1箱あたりの補償額をアップできる
  5. 保管先の倉庫は温度・湿度のコントロールがされており、衣料品の保管も安心
  6. 車を所有していない場合は、従来のトランクルームより使いやすい

宅配型トランクルームサービス活用のキッカケ

編集部
編集部

どのような事がキッカケで宅配型トランクルームを使おうと思ったのでしょうか。

引っ越し当日に荷物を運び出す量、引っ越し先で片付ける荷物の量を減らすため

一人暮らしをしていた賃貸物件から、遠方の実家への引っ越しを決めたことがきっかけです。

大きな家具・家電はレンタルしていたこともあり、引っ越し業者を利用せず、宅急便で全ての荷物を送る計画を立てました。

なるべく不要なものは所持しないことにしていましたが、いざ引っ越しとなるとそれなりの荷物の量がありました。特に多かったものが、直近では着用しないシーズン物の衣服です。

物件の退去日までに余裕を持って、使わない荷物は先に運び出したいと思い、サマリーポケットへ申し込みました。

ちなみに、以前の引っ越しではminikuraを利用しています。

今回サマリーポケットへ申し込んだ理由は、minikuraにはない大容量(幅68cm × 奥行45cm × 高さ37cm)の「ラージボックス」が使えることを知ったからです。

「あんしんサポート」というオプションで、最大50万円の補償が付けられることも、サマリーポケットを選ぶ決め手となりました。(オプションを付けない場合は、1箱につき1万円の補償となります。)

すぐには使用しない物品を倉庫に預け入れられたので、引っ越し先で一度に片付けなければならない荷物の量を減らすことができました。

また、「発送元と異なる住所を指定した場合も、荷物の取り出しが可能」という点も、利用に至ったきっかけです。ゆくゆくは再び一人暮らしをしたいため、トランクルームを契約するより利用料金が安価で済み、トランクルームから新しい転居先へ荷物の移動の手間が省けることに魅力を感じました。

「サマリーポケット」公式サイトを見る「minikura」公式サイトを見る

他の方の体験談

トランクルームサービスの利用は何度でも経験するものではありません。サマリーポケットやminikuraといった宅配型トランクルームサービスを初めて経験する方にとって、体験談は何よりも重要な意見となるはずです。

引っ越しで活用!サマリーポケットの見える化が断捨離の第一歩に2 views
編集部
編集部

トランクルームに預けた荷物や量、その活用方法を教えてください。

直近で使用しない衣料品、婚礼用品、季節により使い分ける日用品など

直近で使用しない衣料品(ウールコート、ダウンコート、ウールジャケット、コットンジャケット、パーカー、ジャージ、セーター、ワンピース、ワイシャツ、ノースリーブ、長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、チノパン、デニム、ショートパンツ、コットンスカート、シフォンスカート、デニムスカート、タイツ、靴下、ストール、マフラー、バンダナなど)、タオル、サングラス、ベルト、帽子、靴(スニーカー、パンプス、サンダル、ブーツ)、レザーバッグ、トートバッグ、リュック、婚礼用品(ドレス、クラッチバッグ、ネックレス)、日用品(電気ストーブ、電気毛布、カーペット、小型の扇風機、ドライヤー、マイボトル、置き時計など)、ビジネス本、小説本、エッセイ本、ファッション雑誌、音楽雑誌、楽譜、写真集、CD、DVD、アーティストグッズなどを預けています。

量としては、ラージボックス(幅68cm × 奥行45cm × 高さ37cm)で4箱、ブックスボックス(幅45cm × 奥行34cm × 高さ23cm)で1箱、以上の計5箱です。

編集部
編集部

荷物を仕分けする時に、大変だったエピソードを教えてください。

荷物をボックスごとに上手く仕分けることと、重量制限に注意すること

預けたい荷物に対して、取り寄せるボックスの個数を予想することが大変でした。
新規ボックスを取り寄せる送料は無料ですが、取り寄せから30日以内に集荷が完了しなかった場合、ボックス代金(サイズやプランにより税抜250~500円)が請求されます。

少なめにボックスを取り寄せれば良いのですが、引っ越しの期限が決まっていたのでボックスの量に悩むタイミングがありました。

また、一部プランを除いて箱単位で取り出し送料が発生するため、取り出し回数が少なく済む荷物の仕分けを考えました。

ラージボックス3箱を使い、主に冬物のアウター類、アウター以外の冬物、春夏物で梱包しました。

預け入れに重量制限(ボックスサイズにより20~25kg)があり、1つのボックスに入れる荷物が重くなりすぎないよう、注意する必要があります。

重量制限は超えなくともラージボックスは結構な重さになるので、梱包したボックスを移動させることも大変でした。

衣服などワレモノでないものは心配ありませんが、日用品(電気ストーブ・小型の扇風機など)で配送中に破損する可能性があるものは、自分で梱包しておく必要があります。

緩衝材は用意されていないので、別途ホームセンターで購入しました。

編集部
編集部

使い始めてどれくらいの期間が経ちましたか。また、月額保管料はいくらですか。

月額保管料は5箱合計で2,500円(税抜)、使い始めて2ヶ月が経過

ラージボックス(中身が個別に管理できる、スタンダードプラン)3箱で、月額500円 × 3箱=1,500円。ラージボックス(箱ごとに管理される、エコノミープラン)1箱で、月額400円。ブックスボックス1箱で、月額400円。スタンダードプランの3箱、ブックスボックスの1箱は、1箱あたり最大50万円の補償をつけられる「あんしんサポート」のオプションに加入しています。

こちらのオプションは1箱につき、月額50円。合計で月額2,500円です。

キャンペーン実施時だったこと、追加でボックスを取り寄せる際にクーポンコードが使えたことで、サマリーポケットでのポイントを獲得し、2,100円分お得になりました。使い始めてから、2ヶ月が経過しています。

宅配型トランクルームサービス利用の使い勝手やメリット

編集部
編集部

いろいろ活用してみて、使い勝手などはどうですか?

車を所有していない人には最適、ボックス間移動ができればさらに良し

ボックスの取り寄せ依頼を行うと、すぐに(2~3日)でボックスが届く点が良かったです。ボックス取り寄せ・ボックス集荷共に日時指定や指定した日時の変更ができることも、使いやすいと感じています。

スタンダードプラン(中身が個別に管理できるプラン)では預け入れてから1点1点写真撮影されるため、マイページへ反映されるまで1週間程度かかりました。

エコノミープラン(箱ごとに管理されるプラン)では写真撮影がない分、マイページへの反映は倉庫へボックスが到着してから即日でした。

「預け入れた住所に関わらず、指定した他の住所へ荷物の発送が可能」という点が、従来のトランクルームより使い勝手に優れています。

自宅以外の場所に長期滞在する際など、様々なシーンで活用できるサービスであると感じました。

指定した住所までボックスが配達されるので、車を所有していない人にとってはありがたいです。

宅配型サービスなので仕方ありませんが、送料が910円(税抜、ラージボックスの場合)かかるため、頻繁に荷物を取り出す場合は不向きだと感じています。

2ヶ月間の最低保管期間があり、それ未満での取り出しは「早期取り出し料金」が掛かります。ある程度の期間を見据えて預け入れを検討した方がお得です。

預け入れたボックス間での荷物の移動が現時点では不可能なので、それが可能になればさらに使い勝手が良くなると思います。

小型の荷物を発送し、すでに預け入れてあるボックスへ入れるサービスもあれば便利であると感じました。

編集部
編集部

宅配型トランクルームを人におススメするなら、どのようなポイントが挙げられますか。

「すぐには使わないが、保管しておきたいもの」の保管に便利、オプションも充実

直近では使用しないものの、保管しておきたい物品の保管に最適です。賃貸物件で一人暮らしをしている人など、自宅スペースが限られている場合もスッキリ片付けられます。

ブックスボックスであれば、ゆうメールで1点より取り出すことができ、送料もお得です(320円~、税抜)。

「本やCD、DVDに部屋のスペースを取られているけど、大切だから捨てられない…」という人にオススメです。

通常は1箱あたり1万円の補償となりますが、「あんしんサポート」というオプションを付けることで最大50万円の補償となるので、預け入れた荷物の安全面でもオススメできます。季節やタイミングによって着用しない、衣類の保管に最適だと感じました。

倉庫内で温度・湿度のコントロールがされているそうなので、自宅で保管しておくよりも虫食いやカビ発生の心配が少ないです。

ボックスでの預け入れになるので、コートやジャケットなどは「ハンガー保管」のオプションを付けると、保管中の型崩れを防ぐことができます。「クリーニング」のオプションがあり、クリーニングしたい衣服を預け入れ後に選択すれば、クリーニング店へ行く手間も省けます。クリーニング料金は一律なので、クリーニング料金が高価になりやすいダウンコートなどは特にお得だと感じました。

他にも「布団クリーニング」「シューズメンテナンス」「ラグ・マットクリーニング」などのオプションもあるので、衣服以外のケアが充実していることもオススメできるポイントです。

参考 宅配トランクルームのサマリーポケットを使い、格安プランで生前整理を済ませる

インタビュー日:2020年02月22日

タイトルとURLをコピーしました