Q.普通着られる服をリサイクルしてお金に換えるか、お焚き上げすべきか迷っています。

悩み相談

投稿された悩み相談

Q.普通着られる服をリサイクルしてお金に換えるか、お焚き上げすべきか迷っています。

母の遺品整理をしました。母の好きだった物を見ると母の顔が浮かび、残す物と残さない物を考えるのが大変でした。まだ60代で働いていた人だったので、母が仕事に行くときに着ていた服と、それ以外の私服と服がたくさんありました。

その服をどのように処分していいのか悩みました。お焚き上げに出すべきか、普通に着れる服だったのでリサイクル等に出してもいいのかどうするべきだったのでしょうか。

まだ着れる服をお焚き上げに出すことに少し悩み、でも亡くなった人の服なのでどうしようもできずお焚き上げにだしました。この選択でよかったのでしょうか?

回答一覧を見る

遺品整理質問箱とは?

「遺品整理質問箱」は参加者同士で知見や知識を楽しくシェアし、遺品整理や生前整理の悩みや不安を解消するサービスです。

遺品整理や生前整理など、あなたが持っている知見や知識で困っている人を助けてあげましょう。

メールアドレスの登録は一切不要。ハンドルネームのみで投稿出来ます。

自分も質問してみる

回答一覧

  1. 13番線 より:

    遺品整理には、相続財産の整理だけでなく、ご遺族の故人に対する気持ちを整理するという意味もあります。質問主様も、お母様が着ていた服を整理する過程で、お母様の生前の姿を思い浮かべ、ご自分の気持ちに区切りを付けられたのではないでしょうか?それができた時点で、遺品整理の目的の半分は達成しているのです。

    そう考えれば、「服をお焚き上げしたことが正しかったのか、リサイクルに出すべきだったのでは……」というお悩みも、大した問題でないことがおわかりになるはずです。

    遺品をどう処分するかは、他人が口だしできることではありません。また一般論としても、遺品の服をリサイクルに出しても何ら問題はありません。服に故人の名札がついているならともかく、そうでないのなら、その服をリサイクルショップで買った人が「これは遺品だ」と気づくことなどありえないからです。

    繰り返しになりますが、大切なことは、質問主様の故人に対するお気持ちを整理できたかどうかです。本当に手元に残しておきたい、お母様の形見となる服さえ残せたのであれば、それ以外の服の処分方法についてあれこれ後悔する必要はまったくありません。

  2. 匿名希望 より:

    衣服は個人との結びつきが強いものですので、遺品の中でも特に処分方法に気を遣いますよね。質問者さんのように、お焚き上げに出す人も非常に多いですし、その選択で良かったのだと思います。

    ただ、大都市圏の新しい住宅街やマンションのように、古い風習や考え方がほとんど残っていない地域では、遺品と故人の魂を結びつけて考える人は少ない傾向があります。そのような地域で暮らしている方なら、特にお焚き上げなどせずに、そのままリサイクルに出すなり廃棄するなりしても構わないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました